FC2ブログ

黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

未分類

カテゴリ:未分類 の記事一覧

リマ症候群物語

2014/12/14(日) 02:35:20 未分類 EDIT
リマ症候群とは・・・
wikiによれば------------------------
リマ症候群は、ストックホルム症候群とは逆に、
監禁者が被監禁者に親近感を持って攻撃的態度が和らぐ現象のこと。
被監禁者がストックホルム症候群になっている状況下で、
監禁者が被監禁者よりも人数が極端に少なく、かつ
被監禁者に比して監禁者の生活や学識・教養のレベルが極端に低い場合に起こるとされる。

1996年から1997年にかけて発生した在ペルー日本大使公邸占拠事件では、
教育も十分に受けずに育った若いゲリラ達は人質と生活を共にするにつれ、
室内にあった本などを通じて異国の文化や環境に興味を示すようになり、
日本語の勉強を始めた者が出てきた。
ペルー軍特殊部隊が強行突入をする中、
人質部屋で管理を任されていた1人の若いゲリラ兵は
軽機関銃の引き金に指をかけていたが、
人質への親近感から引き金を引くことができずに部屋を飛び出し、
直後にペルー軍特殊部隊に射殺された。
----------------------------------------------------
とあります。
在ペルー日本大使公邸占拠事件については日本政府やペルー政府の対応などの問題が
いろいろ言われていますが、
私が一番ひっかかったのは非常にミクロな一人の
武装ゲリラの少女についてであります。

少女はペルーの貧しい村で生まれて
日本円で1万円もしないような値段で親に武装ゲリラ(MRTA)に売られたそうです。
学生が思想にかぶれてテロリストになるのとは違います。
そこには厳然たる貧困や人身売買の問題があり
少女には最初から選択肢など無かったように思います。
ゲリラ生活の中で対等な人間として扱われることなく
暴力と殺戮の荒んだ生活環境だったと想像できます。

古代、仁徳天皇は山から村を見て
「民のかまどより煙がたちのぼっていない!
 貧しくて炊くものがないのではないか!
 都がこうだから、地方はなおひどいだろう!
と考え「向こう三年、税を免ず」と言ったそうです。
例にだすには突飛な昔話ですが
日本人の精神を示す良い逸話だと思います。

また和をもって尊しとするといった言葉もあります。
私たちの日本は家族のような国家を無意識に理想として
その維持に努めてきた歴史があります。

そこには外国のような残虐な民族の衝突もなく
強烈な階級社会もなく(身分制度はあった)
厳格な一神教も広まることはありませんでした。
ぼや~っとした空気のような共同体意識で
文字通り空気を読むことを美徳とし
和を持って尊しとする精神がありました。
古代ローマのような裕福な市民が奴隷を使役するといった社会はなく、
下級武士も農民と共に畑を耕し汗を流す社会がありました。

ペルーの日本大使館に捕らえられていた日本人は
いわば当時の民間企業のエリートばかりでしたが
そこはやはり日本人らしく、自ら身の回りを整理整頓し、
差し入れがあれば身分に関係なく皆にお裾分けしていたようです。

ペルーの貧困社会で育ったテロリストからすれば
掃除や労働、物資の差出などは”奴隷”のやることであり
育ちの良いエリートのやることとは思えなかったでしょう。
島国日本が培った和の精神は西洋の階級社会意識とは
全く異質なものであります。
日本人はこの特異な精神文化を誇っていいと思います。
これは人間として正しい精神だと私は思います。
これは宗教ほど強烈なものではありませんが
キリスト教やイスラム教よりも深い精神性から生まれたものです。
だからこそ日本で生まれたわけでもない
ペルーの少女もどんどん”日本人化”していった。

貧民がエリートになるには武装蜂起しかないと思っていたのに
日本人のエリートは最初から自分たちを「一人のちゃんとした子供」
として扱ってくれた。
一人の不幸な少女の中ですさまじい衝撃があったと思います。

大使館占拠から120日あまりして政府の特殊部隊が突入してきたとき、
少女の役割は日本人人質を殺戮し、戦闘を続けることでした。
しかし銃の引き金がひけませんでした。引けるわけがありません。
すっかり日本の思いやりの心にやられてしまっていたのですから。

少女は部屋を飛び出しますがすぐに政府軍に捕らえられます。
そして縛り上げられ地下トンネルを引きづられ
四肢を切断されて強姦されて殺されてしまいます。

捕虜は一人もとられず、裁判もなく事件は終わりました。
武装ゲリラの生存者0名!

皮肉なことに世界中から非難された
在ペルー日本大使公邸占拠事件で日本人と過ごした120日間が
一人のゲリラの少女にとっては
もっとも人間らしい心を取り戻した唯一の時間だったのかもしれません。
本当に短い間であったけれども人間でいられた。
絶望ばかりの事件ですがそこにだけ救いがある気がします。
Comment (1)Trackback (0)

まったく最近の若いやつは!

2014/05/31(土) 12:30:42 未分類 EDIT
私の親父は若いころの破天荒なエピソードが多く
一部だけ紹介すると
・22歳でバーを経営するも1年で破綻借金地獄。
・借金を返すために妙な会社に強制就職。
・結婚後他の女性と子供をつくって2年間逃走行方不明。
・母の入院期間中、母の結婚資金400万を一週間で使い切り生活インフラ止められる。
・自動車電話の会社を友人二人と作るもすぐ倒産。というか友人がお金もって逃走。
・母の親父(私の祖母)の定期貯金を解約して使い切る。
といった風で
私も小さいころから貧しい生活をしたり
家に怖い人たちが来るのを経験することになったのですが
(よく離婚しなかったな母!)
20年前、南洋の鄙びた島に来て以来、
お金の使い先もなく、貧しいながらも平和な暮らしが実現したのであります。

そんな父が最近
「最近の若いやつはメチャクチャだ!」

と憤るものですから
いつも吹き出してしまうのです。
なんか長い時間をかけた壮大なギャグのようで
笑いをこらえるのが大変なのであります。

2000年以上前のギリシアの史跡にも
若者のモラルの悪さを嘆く年寄の落書があるといいます。
人間というのはそういうものなのでしょう
Comment (0)Trackback (0)

第11回特攻平和祈念祭行ってきました

2014/05/25(日) 04:53:00 未分類 EDIT
今年も黒島特攻慰霊祭に行ってきました。
一昨年の記事は↓
http://kuroshimatubaki.blog19.fc2.com/blog-entry-232.html

平成16年から続くこの慰霊祭も
今年で11回目!我が硫黄島からは私を含め3名の参加となりました。

何回かこの会に参加して思うことは
先の大戦で散った先祖の慰霊はもちろんですが
戦争で生き残ったもの、戦後生まれたものの交流の機会にもなっているということです。
本やインターネットで知るだけでなく 
やはりその当時を生きた人々の話を聞いたり
いろんな遺跡の保存に苦心だれている話をきくと
より細かいディティールが解るきがします。

当日は暑くも寒くもないすごしやすい日でした。
波は多少高かったですが良いロケーションであったと思います。
例年通り村営船みしまで黒島に向かう途中、
特攻機が不時着した地点で黙祷をしました。
IMGP5169.jpg
黒島上陸後は地元の人々が用意してくれた車で
小高い丘の裾にある特攻観音像のある場所に移動しました。
今年は新たに戦艦大和の鎮魂碑と行動図ができていました。
三島村は実は戦艦大和最期の出撃とき
かなり近くを第一遊撃部隊が通過しているのです。
黒島の人が大和大爆発の光を見たとも言っていたようです。
IMGP5228.jpg
大和と特攻の経路を見入るお爺さん。
かなり詳しく解説されてました。
艦これブームで有名になった艦も多いですね。
IMGP5213.jpg
IMGP5234.jpg
特攻観音像で神事を行った後、
二式複戦で二度出撃した安部少尉の慰霊碑に焼香を捧げました。
安部少尉については近年本にまとめられています。

夕方からは黒島は大里地域のコミュニティセンターで
交流会がありました。
今年もいろいろな方とお話する機会を頂きました。
IMGP5256.jpg
ディアゴスティーニの1/250大和!
こいつのせいで一時期
模型屋から軍艦色が消えたのを思い出しました。
IMGP5255.jpg
私が2年前に作った1/48屠龍も展示されていました!
IMGP5280.jpg
香港のサミュエル・ウォンという映画監督の方が
特攻に関する映画をつくるそうです。
中国人が特攻をどう描くか、というのは興味あります。

九七式艦攻で特攻出撃するも黒島に不時着、
戦後は散華された特攻隊員の鎮魂を熱心に行ってきた
江名武彦さん。
黒島特攻慰霊祭の発起人でもあります。
00133.jpg
今回慰霊祭を開催するに当たり
内閣府から激励の電話を頂いたとのこと。
すごいですね。この点はさすが安倍政権といったところ。

私は今回やっと江名武彦さんに拙作の
1/72 九七式艦攻を寄贈できました!
実はずっと寄贈したかったので大満足です。
97kankou021.jpg
ハセガワ1/72 九七式艦上攻撃機
江名武彦さんはちょっと前に
ニコニコニュースの記事になっていました。
元特攻隊員だけど何か質問ある? 【第1回】江名武彦さんの場合
IMGP5315.jpg
戦隊長の娘さんという人が生き残った隊員の方々に会って
感涙しているのを見て、
私も感涙しそうになったりと
なかなか血の通った会でありました。
Comment (0)Trackback (0)

孔雀の里 オープン

2014/04/20(日) 20:43:47 未分類 EDIT
鹿児島県三島村硫黄島で
ひとつの民宿が再開しましたので
ここで紹介しておきます。
「マリンハウス 孔雀の里」
http://kujakunosato.jimdo.com/


touuuup001.jpg

硫黄島に旅行される方など是非ご利用ください。

Comment (0)Trackback (0)

貝木さんの絵がカワイイ

2013/12/21(土) 04:28:34 未分類 EDIT
恋物語その4から。
原作読んで知ってましたが
アニメ版でもうまく再現してるなぁという印象です。
というか予告編の絵ですね
koimonogg03 (2)
koimonogg03 (1)
Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る