黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

日記 > 映画「半次郎」先行レビュー

映画「半次郎」先行レビュー

2010/09/30(木) 22:29:41 日記 EDIT

↑軍歌「抜刀隊」↑
西南戦争での警視庁抜刀隊の活躍を歌った軍歌です。
その歌詞の冒頭で
”敵の大将たるものは古今無双の英雄で
  これに従う つわものは
     供に剽悍 決死の死
       鬼神に恥じぬ勇あるも・・。
と敵でありながら勇猛果敢さを褒められているのが
西郷隆盛と薩摩軍なのであります。


鹿児島県が総力を挙げて製作された映画「半次郎」、
鹿児島で先行上映ということでさっそく見に行きました。
今年度下半期は「十三人の刺客」「大奥」「桜田門外の変」
など時代物映画が充実しております。

さて半次郎ですが
その名の通り、幕末から明治黎明期に活躍した
中村半次郎、後の桐野利秋の生涯を描いた映画です。

演じるのは鹿児島出身の俳優、
榎本孝昭さん。
あと他の俳優さんやエキストラも
鹿児島の人がたくさんでています。
むせるほどの薩摩っ子映画です。

特質すべきは西南戦争の戦闘シーンで
結構 火薬を使って迫力ある場面に仕上がってます。
スナイドル銃、ガトリングガンなど
当時の最新兵器もよく再現されていました。
基本的に薩摩軍の軍団長が
一騎当千の強さで、ほとんど刀一本で
「キェーっ!」と奮戦する感じでした。
示現流強すぎ!
銃より剣が強いなぁ!という印象でした。
抜刀隊の突撃シーンもあります。
熱い男たちが一人、また一人と戦死していく様
は「太陽にほえろ」の最終回間際のようで
感動しました。
西郷さんに続いて次々に辞表を出し、
ついには戦死していく薩摩隼人・・・。
西郷隆盛のカリスマ性が半端なさすぎる・・。
この映画、西郷隆盛が肖像画と
かなり似ていて驚きました。
大久保利通はあまり似てませんでした。
大久保利通は「篤姫」で原田泰造が
演じてたのが似合ってました。

実際の西南戦争も
政府軍の死者数が薩摩軍に迫るものがあり
かなり激しい戦いだったと思われます

一生涯を2時間にまとめただけあって
ちょっと駆け足気味の話でしたが、
ともかく熱い、熱血漢の生き様の
気持ちの良い映画でした。

ちなみに
軍艦マーチを作曲した瀬戸口藤吉氏も
鹿児島出身で、西南戦争前に
西郷隆盛に会ったことがあるとか・・
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る