黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

スポンサー広告 > 虚構を愛でる-初音ミクが完璧なアイドルになる可能性-
妄想 > 虚構を愛でる-初音ミクが完璧なアイドルになる可能性-

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

虚構を愛でる-初音ミクが完璧なアイドルになる可能性-

2010/09/23(木) 00:58:15 妄想 THEME:ヲタクのメモ (ジャンル : 日記 EDIT
200歳越えの方が書類上存在する昨今
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回も初音ミク関連の話です。

↑これってすごいじゃないですか?
これとARToolKitが組み合わせれば
ちょっとした電脳コイルの世界じゃないですか!
ということで今回は
初音ミクはナゼ流行したかについてちょっと考察します。


初音ミクという素は、実は一人の声優の声を素材化したものにすぎません
それにキャラクター(人間的概念)が付加されただけのソフトウェアが
まさかこれ程までも各方面の技術や概念を
発達させるとは思いもよりませんでした。

今になっていろいろ考えると初音ミクが爆発的に広がりを見せるのは
その時代的、空間的条件が全てそろっていたともいえます。

・まずweb2.0時代、高速インターネットと高性能家庭用パソコンの普及による
 動画共有サイトの台頭。

・1980年代から燻っていたDTM技術や個人動画製作者達。

・物事を”見立てて”捉えることができる(たとえば擬人化、記号化、歌舞伎浮世絵など)
 日本人的(東アジア的?)感覚。

・いわゆる萌文化

これらがうまい具合に重なったことで大きな爆発力を得たと考えています。
あとは初音ミク自体のキャラクターとしての魅力もあります。
かなり大きいツインテールと統一された色調は
かなり抽象化しても”ミク”と認識させることができます。
大きな青いツインテールは初音ミクの"記号"ともいえます。
さらにそれにネギも加わり、より記号化が容易になりました。

では初音ミクのアイドルとしての魅力は何でしょう?
『アイドルはトイレにいかない』
なんて言葉が1970年代のアイドルのイメージでした。
しかしそれらの”素”は実際に存在する人間でありますから
絶対トイレにも行きますし、ファンのためには作り笑いもします。

しかし初音ミクは最初から虚構なのです。
初音ミクはトイレにもいきませんし、
受けてが"笑っている"と受け取れば実際"笑っている"のでしょう。

虚構(現実には存在しないもの)に心をゆだねる、
もっといえば"愛でる"という状態は
果たして異常でしょうか?
人間として壊れているでしょうか?

私はそれが虚構であろうと現実であろうと
人間の精神になんらかの影響を与えるならば、
その絶対値が大きいならば
それは"価値"のあるモノだと思うのです。

フィクション映画を見て感動したり
思い出の詰まった人形を大切にしたりするのは
むしろかなり”人間らしい”精神なのではないかと思えるのです。

ここでいえば初音ミクは
”虚構ではあるがアイドルとしての価値は十分”
ということになります。

初音ミクは虚構であるがゆえに
誰のモノにでもなりえました。
2次制作しても、個々人が独特の性格を付与しても
その人にとって”初音ミク”なのです。
それって完璧(パーフェクト)アイドルじゃないか?
と思った次第なのです。
もし初音ミクが現実に存在すれば
いつかは歳を取り、誰かと結婚し、歌も歌えなくなるのです。

私達は美空ひばりの歌を
「故人の名曲だ」と思って聞いていますが
100年後の子孫達は初音ミクの曲を
絶対に「故人の曲だ」とは思わないはずです。
そもそも命がないのです。死ぬ事もありません。
だからこそ永遠に”生きているアイドル”
         と認識される事でしょう。
書類上生き続ける200歳なんてメじゃありません。
これってすごい事だと思うのですがねぇ・・。

またオタクっぽくアニメの話になりますが
マクロスプラスというアニメがありまして、
そのストーリーは、
「シャロン・アップル」という
絶大な人気を誇る人工知能のヴァーチャル・アイドル
がすごいカリスマ性を発揮しつつ暴走する
といった内容なのですが
意外と早くその”ヴァーチャル・アイドル”
の先鞭が振るっていることに個人的に驚いています。

話が戻りますが
日本で初音ミクという
虚構がアイドルのように売れるのは
必然であったと思えます。

日本文化は”見立て”の文化であります。
日本庭園の枯山水はそこに”海”を見立てています。
落語ではセンスが刀や箸に見立てられます。

全く違うものから対象を連想するという行為を
日本人は鎌倉時代あたりからずっとやってきました。
どうしてそんなことをしてきたのか判りませんが
国風文化が花開く頃(平安中期)から既にその兆候があった気がします。

ですから日本から
人物をデフォルメして捕らえたイラスト版画---つまり浮世絵が
発展してくるのは当然の流れですし、
そのような”見立て”は
西洋の”写実主義”から見れば大きな衝撃だったでしょうし
それが”抽象化””印象派”とうふうに解釈されるのも納得いきます。
日本人からすれば
自分たちの性に合った事を楽しんでいたに過ぎません。

「萌」「擬人化」というのも”見立て”の文化であると考えれば
実に日本人らしい文化です。少なくとも欧米からは出てこない発想です

そんな文化の土壌がある国ですから、
音声の素材である初音ミクに
魅力的なキャラクターが付加されれば
日本人は声を通してキャラクターを”見立て”ることで
おおいに萌える事ができました。

あとは精神を動かされた各々が
ある者は曲を作り、あるものは自分で歌ってみたり
ある者は絵を描き、3Dグラフィックを作り、
ある者は動画を作り、
ある者はミクを題材にしたソフトウェアをつくり
それらがネットを通して互いに影響を与え合い、
今日の初音ミク情勢をつくりだしたといえます。


スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。