黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

怠惰 > 馬毛島にV-22雄プレイが飛ぶ日

馬毛島にV-22雄プレイが飛ぶ日

2010/03/31(水) 00:08:08 怠惰 THEME:愛されテク (ジャンル : 恋愛 EDIT
最近送別会やお別れ会で連日 
酒を飲みまくってる黒島椿です。

以前、種子島で安納芋を使ったお菓子
を作っている会社の社長と飲む機会があり
その時、米軍基地の移設に関する話題なりました。

沖縄県が県外移設を希望するとあれば
当然鹿児島県の南西諸島が候補に入るわけですが
その時は馬毛島にヘリポートを作る案 
云々の話になりました。
WS000001.jpg
私は酔っていたこともあり
空気を読まずに、軍オタ精神モロだしで
「馬毛島にヘリポートをつくっても有事の際
 台湾までの航続距離が厳しいのでは云々・・」
とぼやきましたら、
種子島の社長さん曰く、
「V-22 の配備を念頭においての馬毛島移設案。V-22の実用化が進んでいる」
と説明してくれました。
ありがとうございます。

V-22というのは、ヘリコプターと固定翼機を組み合わせたような機体で、
翼に固定されたエンジンでプロペラを回し、
翼ごと回転させることでプロペラを水平にしたり垂直にしたり
できる機体です。

v-22-osprey.jpg
800px-V-22s_at_Amman.jpg
Yamagishi.jpg

V-22 (航空機)

ヘリコプターの利点である垂直離着陸と
固定翼機の利点である長い航続距離や速さを持ち合わせている
夢のような機体ですが10年ほど前まで
事故が多かった印象があり心配です。

以前フルタのチョコエッグで(海洋堂じゃない)エアプレーンシリーズで
V-22を2回連続で引き当てたことがあり
「こんなカッコ悪い飛行機要らない」と思ったことがあります。
あまり模型でも出ていない飛行機なので何ともいえませんが
フォルムがどうにもしっくりこない・・
というか”かっこ悪い”気がします。
胴体の曲線を思い切って直線にして、
翼を大きく、エンジンナセルを小さくすれば
かっこよくなると思うのですが
航空機というのはカッコよさで飛ぶわけではないので
仕方ないです。

馬毛島は私の住んでいる硫黄島に近い島なので
もしかしたらV-22オスプレイを直に見る日が
来るのかもしれません。
ちなみに天一号作戦(菊水作戦)時、戦艦大和を含む
船団が薩摩硫黄島のメチャクチャ近くを通っているので
当時の島民の誰かが見ていると思うのですが
全くそういう証言を聞きません。不思議です。
yamatomap.jpg

しかしV-22の性能、最高速度約555km/h、
航続距離約3,700km以上というのは零戦みたいなヤツです。
これでヘリ並の要離陸距離というのはすごいと思います。

兵器の性能で航空基地の範囲が変わってくるということは
よくあることで、例えば二次大戦時、
B-29があったからサイパンの重要性が増した
(B-29の航続距離ならば日本本土の爆撃が可能)
という例があります。
もし航続距離の長い V-22の配備が進めば、
米軍基地の候補地の範囲も広くなり、
そこからいろんな思惑や問題、利益や公害が生まれると思うのです。


umidori02.jpg
↑かわぐちかいじの漫画「ジパング」にでてくる海鳥もV-22と同じ方式の機体。
作中では戦闘ヘリのように運用されてました。デザインはこっちの方がかっこいい。
m00-w001.gif
↑攻殻機動隊にも似たような機体がでてきます。

スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る