黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

スポンサー広告 > 小公女セイラの見どころ~マリア様をみてる~
趣味 > 小公女セイラの見どころ~マリア様をみてる~

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

小公女セイラの見どころ~マリア様をみてる~

2009/11/26(木) 23:19:53 趣味 THEME:育児・子育て (ジャンル : 日記 EDIT
一人暮らしの頃はテレビドラマなど殆ど見なかった私ですが、
実家が潮風留学生を受け入れてるので、最近では
茶の間の子供達とついついドラマなぞを見てしまいます。
見ていると、漫画原作のドラマが結構多く放送されていて
いろいろ演出の違いなども楽しんで見ています。

最近衝撃的だったのは小公女セーラです。
昔アニメで見ていたので、どうアレンジされているのか
楽しみでしたが 舞台が現代の日本という事なので
アレンジも何も全く魔改造ドラマでした。

よく見るとタイトルも『小公女セイラ』でした。
”セーラ”が”セイラ”になっています。
”エヴァンゲリオン”と”エヴァンゲリヲン”の違いのように
別解釈ストーリーという事でしょうか?

子供達は主役演じる志田未来という
女優さんが気に入っているようでしたが、(確かにカワイイです)
私のお気に入りは何といっても
小島藤子という女優さんの演じる
武田真里亜嬢です。
理由は写真をご覧になれば
ご理解いただけると思います。
200910261450000_d.jpg
20091026003301.jpg
20091102013432.jpg

このコスプレ感がたまりません。
大きすぎるリボン、真っ赤かな頬。
小島藤子さんという方普段着だと かわいいのですが
この衣装のせいで別のべクトルに飛躍しているように思います。
コミックマーケットで見かけそうな雰囲気で、
そういう意味ではリアリティがあります。

アニメを実写化した時によくある、コスプレっぽい衣装
を何故 武田真里亜嬢に集中させたのか解りませんが
コスプレっぽさ をドラマ中誰も突っ込まないのも秀逸です。


下妻物語の深田恭子の場合は、
simoduma2.jpg
下妻という田圃風景の中でゴスロリという違和感を
楽しむ演出がありましたが、
このドラマでは、このわざとらしさが
演出なのか素なのか判別が付かず、
ツボにハマル人だけ楽しめるという
妙にマニアックな設定です。

登場人物が”セイラ””マリア””リオン”など
宝塚ライクな名前だったり、
驚くほどのすれ違いや、黄金パターンの連続など
演出のわざとらしさを楽しむドラマに見えました。
おろらく、意図的にそう作られていると思います。。。
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。