黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

未分類 > 竜に呑まれる無かれ

竜に呑まれる無かれ

2013/03/05(火) 18:47:23 未分類 THEME:模型・プラモデル (ジャンル : 趣味・実用 EDIT
一昔前まで中国の模型メーカーといえば
大雑把な形でディティールも甘く、
お湯でゆっくり補正しないとパーツも会わないというイメージでしたが
10年ほど前から急激に技術力をあげているように思えます。

現在では日本メーカーに勝るとも劣らない出来であり、
しかも値段も手ごろという
どうも日本メーカーの劣勢が見えてきている
ようにさえ思えるのです。
おまけにラインナップに勢いがあり
ユーザーの需要に応えているという・・・。

最近、モデルグラフィックスという
プラモデル雑誌で、アニメ、ガールズ&パンツァーに準拠した
”模型戦車道選手権”というのがあり
不肖、黒島椿も参戦したのですが
そのときにアニメ公式キットだったのが
中国のドラゴンというメーカーのキットだったのです。

日本のアニメのタイアップなのに
日本メーカーじゃなくて中国メーカーかよ!
と思ったのですが
実際手にとって製作してみると
細かいパーツ分割は製作を難易度をあげていますが
パーツ一つ一つの精密感、貼りあわせたときの合い、
モールドラインのシャープさなどは
日本メーカーを凌駕するものでした。

今まで漠然と
「技術立国ニッポン!」という意識があり
誇らしくも思っていたのですが
見渡すと殆どの家電はMADE IN CHINAばかり、、、
値段だけでなく品質でも追いつかれたら
日本は本当に太刀打ちできないなと実感しています。

今回のガールズ&パンツァーの公式キットでいえば
私は やはりタミヤにだしてほしかったです。
タミヤは1/35 MMシリーズを広めた立役者ですし、
初心者でもサクサク組める 組みやすさ、
そしてアニメ登場車両のラインンナップを見ると
やはりタミヤから出すことが
ユーザーにとっても一番の利益になると思うのです

いろいろ調べてみますとドラゴン社には
もともと日本の模型メーカーで働いていた社員が多数おるそうな。
まさに技術流出・・・・・
技術立国はもはや過去の栄光となりつつあるのかもしれません。



スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る