黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

スポンサー広告 > 改めて考察。初音ミクの名前の絶妙っぷり
妄想 > 改めて考察。初音ミクの名前の絶妙っぷり

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

改めて考察。初音ミクの名前の絶妙っぷり

2012/05/31(木) 05:13:34 妄想 EDIT
初音ミクという名前、
本当に言い得て妙だと思います。
初音という言葉は調べてみますと
--------------以下デジタル辞典より--------------
鳥や虫の、その年、その季節の最初の鳴き声。
特に、鶯(うぐいす)の鳴き声にいう。
《季 春》「うぐひすの身を逆(さかさま)に初音かな/其角」
源氏物語第23巻の巻名。光源氏、36歳。
源氏の年賀回り、新年の六条院の華やぐさまなどを描く。
-------------------------------------------------
最初の鳴き声、
まさにDTMに初めて触れる人が
初めての発声に挑戦するときの
期待感や感動を表していると思います。

次にミクという名前。
発音したときのかわいらしさに加えて
未来(みく)という当て字を考えれば
SF的であり
未来をあらわしていると思います。

初めての音から広がる未来
そして
初音という古来の言葉とミク(未来)という新しい言葉の融合
といえます。
両方が現在のボーカロイドブームをあらわしています。
まるで予定調和です。

名前が現実とシンクロしている
もしくは
名前の伏線を現実で回収しているのです。
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。