黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

スポンサー広告 > ネタだと思っていた「見狼記~神獣ニホンオオカミ」がマジヤバだった
趣味 > ネタだと思っていた「見狼記~神獣ニホンオオカミ」がマジヤバだった

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ネタだと思っていた「見狼記~神獣ニホンオオカミ」がマジヤバだった

2012/02/19(日) 23:53:39 趣味 EDIT
2月19日、22時からNHK総合で放送された
”見狼記~神獣ニホンオオカミ”
厨二病全開なタイトルでしたが
ちょっと民俗学っぽいなと思ってみてみました。
nihonokami.jpg
結果。
なんかいろいろすごい内容でした。
まずドキュメンタリーの中心に語られていた
八木さんと言う人が濃かった。

この人は
「日本オオカミはまだいる」と
信じていてオオカミを
ずっと探し続けている人なんですが

「死んだら土葬されて
  オオカミに掘り起こされて喰われたい」
と真顔でコメントするほどのオオカミ狂いであります。

法律の壁を越え、土葬され
絶滅したと思われる日本狼に掘り起こされ
さらに喰われるという
とんでもなく難易度の高い夢であります。
越えなきゃいけない壁が多すぎる!
遺族は大変だろうなぁ!
ムツゴロウさんと同じ人種ですな。

しかし研究者顔負けのバイタリティは
心を打つものがあり
私も途中から八木さんを応援するようになってました。
山麓の集落を訪ね歩き、人の話を聞き、
険しい山に入って赤外線カメラを仕掛ける八木さん。
「がんばれ八木さん!共感はできないが素晴らしい!」

よくよく見ると突っ込みどころ満載の
ドキュメンタリーなのですが、
ともかく出てくる人が皆
濃くて、熱くて、
ツッコむほうが野暮に思えてくるのです。
みんな
ニホンオオカミの生存を信じています。

ニホンオオカミの牙があるという
民家を訪れた八木さん。

一人暮らしの80代老婆がでてきて
「そんなものがあったけど、どこかやってしもうた・・・
 (紛失した)」
と言ったところで、
八木さんが
「それは惜しいですね!文化財モノですよソレ!」
と言うと なんと老婆が動揺。
そこでナレーションが
「おばぁさんは何か隠しているようです」
のコメント。
ナニコレ!面白すぎるんだけど!
八木さんがマルサよろしく問い詰めると
老婆が
「死んだ爺さんから、人に見せるな
    言われてるんで勘弁願いますだ」
と白状。話を濁らせました。
なんかイロイロすごい。
この話(やりとり)、
お互いがオオカミ
の遺骨に霊的な力があると
本気で信じていなきゃ
成り立たないんです。
日本にまだ
こういう感覚が残ってたんだなぁ
と感激してしまいました。

オオカミの頭には
魔よけの力があるという考えがあります。
eboshigozen.jpg
エボシ御前
「首だけになっても動くのが 山犬ぞ!」

番組ではニホンオオカミの頭蓋骨を
家宝として伝えている民家がいっぱいでてきました。
特に”キツネ憑き”に対して効くらしくて
頭蓋骨を借りにくる民家も多かったそうな。。。
おお・・・民俗学っぽい

でもね、
あきらかに八木さん、
”あんたニホンオオカミに取り憑かれているよ!”
と突っ込みたくなりました。
オオカミ追いがオオカミに・・・
オオカミ中年の言葉が本当に・・・。
ヤギ(八木)の皮をかぶったオオカミですな!

山に入って
オオカミを探す八木さん。
仕掛ける赤外線カメラが
どんどん高性能化してる。
財源が気になります。

仲間がペットボトルの水を飲んでいるのに
なぜか
体を伏せて、湧き水を飲むヤギさん。
元山岳部らしいです。
なんか特技が
負の方向に働いいている気がします。

山の中でオオカミの鳴き声よろしく
「オォ~~ン」と叫ぶ八木さん。
オオカミを呼んでいるのでしょうか?

「オオカミの遠吠えを聞いた」
という登山者の証言もありました。
なんと
「それに驚いて、バスに乗り遅れたら
 そのバスが大事故起こしていた。
 オオカミのおかげで助かった。
        オオカミの霊力かも」
といってました。確かにすごい話です。
それを聞いて
ニホンオオカミ生存の確信を高める八木さん。

「その遠吠え、八木さんじゃね?」
と突っ込みたくなる私。
こんな番組は久しぶりです。

野生化した犬を配合させて
ニホンオオカミを復活させようとした
学者さんも紹介されました。

月500円であばら家に住み
他界したという壮絶な話なのですが
その忘れ形見の”犬”もでてきました。

普通の民家で買われてました。
名前は「トラ」
紛らわしい・・・。
その犬なんとオオカミっぽいのです。
年をとって白内障がかってる目が
却って神秘性を高めてます。
飼い主いわく、学者から
「犬が死んだら頭蓋骨を見て
 オオカミ化できてたか確かめてほしい」
といって託されたとか・・・・。

あと、山の中にオオカミへの
供物をお供えにいく老人も登場。
備えた米びつが 
空になっていて、
しかも淵に歯型もありました。
それを見て
「オオカミはいるんじゃ」
と言っていました。
一人暮らしのおじいさんなんですが
ず~っと山に米をお供えしてるんですね
本当にスゴイ。

ここまできたら
実際にいるいないよりも
その精神文化の
価値を認めざをえません
ニホンオオカミは
古来より山ノ神であり 
大山津見神(オオヤマツミ)であり
 (ちなみにワタツミは海の神)
日本多神教の骨格なのだなと
考えさせられました。

是非見つかってほしいですね
ニホンオオカミ。
そして八木さんのご健勝を祈ります!
再放送ないかなぁ!
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。