黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

日記 > 悪霊退散! 黒島椿(仮名)さん ほえる

悪霊退散! 黒島椿(仮名)さん ほえる

2009/07/22(水) 00:37:23 日記 EDIT
自分のイニシャルがK・Yだと気づいた
今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

インターネットに接していれば誰もがやるのが
”自分の名前検索”
でございます。

「へぇー同姓同名も結構いるんだ」とか
「うぎゃ 個人情報だだ漏れじゃん」とか言って楽しむものです。

さて、私も自分の本名で検索すると・・・ぐぐってみますと・・・
なんと一番先頭に私本人の記事が出ました。

内容は・・・
「悪霊退散! 黒島椿(仮名)さん ほえる」
 
かなり興味深いですね。
生来ヒキコモリの私が吼えたそうです。 しかも悪霊退散!って、、
すぐに 呼びましょ陰陽師♪ でしょうか?

とりあえず 記事の内容を抜粋し書きます。
----------------------------------
絶海の孤島は、低い雲に姿を隠していた。
その雲に混じって硫黄の強いにおいが鼻を突く。
さらに船が島の南に回り込むと、地獄谷のような噴煙。
港は血の池のように赤く濁っていた。

 この火山島に、メン(メンドン)と呼ばれる奇っ怪な仮面神がいる。
南洋の島から沖縄を経て、海を渡ってきた来訪神だ。
この神に逢(あ)いたい。

 島で最初に出迎えてくれたのはクジャクだった。
茂みや人家の陰から現れる。人を恐れることなく、
極彩色の羽根を揺らして優雅に歩いている。


 「昔、観賞用に飼っていたのが野生化した。
400羽以上おる。島の人口より何倍も多い」

 黒島椿(仮名)さん(23)が、半ばあきらめ顔で笑う。

メンのことを聞いてみた。
メンは、旧暦8月の「八朔(はっさく)踊り」に現れることになっている
が、いまは時期がずれている。

 「メンは熊野神社にいますよ」

 思いがけない返事が返ってきた。
仮面や装束を保管してあるらしい。
頼んで案内してもらった。
境内の納屋の戸を開けたら、カビ臭い空気の中で
赤と黒の渦巻き模様の大きな顔が一斉ににらんでいた。
トカラ列島・悪石島のボゼや、
南洋パプアニューギニアのトゥブアンなどの仮面神と似ている。
竹島や黒島にもいる。

 年に一度、祭りの日に現れるメンは、
手に柴(しば)を持って暴れまわり、島から悪霊をはらう。
かつては14歳の男子がメンに扮し、元服の成人儀礼を兼ねていた。

 黒島椿(仮名)さんが、カヤで編んだミノをまとう。
体がひと回り大きくなった。
仮面を被ると、そこに神が立ち現れた。
黒島椿さんは、仮面という異空間に入って、
くぐもった声で猛々(たけだけ)しくほえた。

子らはその日、島の男になる。
-------------------------------------------

よし、落ち着きましょう。

さて どこからつっ込みましょうか?

これでは私は異様な島に棲む超兄貴みたいな
キャラではないですか?
少なくとも模型やネットサーフィンが
趣味の人間とは思えない言動です。

私は「400羽以上おる」
なんて日本昔話みたいな喋り方しません。

以前 日本海軍陸戦隊の軍服を着て
ファミレスに入りお子様ランチを注文した私なら
あるいは仮面をかぶり吼えるくらいのことを
するかもしれません。

しかしどうしても吼えた記憶がございません。
私は本当に吼えるようなキャラではないのです。
悲しいほどに典型的 オタクタイプの人間なのです。
もしかしたら本当にネ申という名の
宇宙からの何らかの電波を受信して
無意識のウチに吼えたのかもしれません。



記事は朝日新聞なんですな。
「アサヒるのは いけないと思います。」
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る