黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

スポンサー広告 > 日常のオマージュ元ネタ考察
趣味 > 日常のオマージュ元ネタ考察

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

日常のオマージュ元ネタ考察

2011/07/26(火) 02:11:20 趣味 EDIT
パクリじゃないよオマージュだよ!
の名言通り
パロディはギャグマンガの王道ですが
それは元ネタが解って初めて堪能できるものです。

実際、マンガや映像作品は100年以上の蓄積をもち、
既にあらゆる演出が出尽くした感はあるものです。
マトリックスはモロに攻殻機動隊のオマージュですし
もっと古く言えばライオンキングは
手塚治虫のジャングル大帝のオマージュ。
しかしディズニーに言わせれば
手塚治虫の絵柄はディズニーのパクリだとか・・・
相互に影響しあい、融和して醸造されるのは
文化が発展している証拠だと思います。
生命と同じで、雑種は強いものです。
ここは
「パクリじゃねーか!」ではなく
「上手くオマージュしてるね」という感じで
作品を楽しむべき時代なのかもしれません。

世に溢れるパロディマンガの中で
今一番王道パロディしてるアニメと思われるのが
「日常」というアニメです。
絵柄やギャグが「あずまんが大王」似ています。
いや、パロディです。
いろんな短編の合間が
幼児向け教育番組のシュールさがあります。

17話で個人的に驚いたのが、
主人公の相生ゆっこ(あいおいゆっこ)が
「気持ちいぃ~!」という風に
創世のアクエリオンのパロディをやるところで
akuerion.jpg
vlcsnap-2011-07-26-03h31m12s251.png

実は創世(そうせい)のアクエリオンが
相生(そうせい)(あいおい)と
二重の掛けがある点でした。偶然かもしれません。

しかし元ネタが古すぎて
私も殆ど思い出せないものが多いです。
どこかで見た絵柄なのに
思い出せなません。
パロディなのに元ネタが解らないのは
なんか「負けた」気分です。
パロディマンガやアニメというのは
ある意味では制作スタッフとの
「俺はこんなネタも知っているんだぜ」
という知識自慢競争なのかもしれません。
vlcsnap-2011-07-26-03h29m04s201.png
vlcsnap-2011-07-26-03h29m21s145.png
vlcsnap-2011-07-26-03h30m34s98.png
vlcsnap-2011-07-26-03h32m00s221.png
vlcsnap-2011-07-26-03h32m10s59.png
vlcsnap-2011-07-26-03h33m32s109.png

ギャグや絵柄、背景の雰囲気から察するに
”昭和のマンガを
平成のキャラクターが演じている”
という感じがします。

17話で絵柄が変わったとかいう意見も多いですが
作画崩壊というには絵が整っていると思います。
おそらく作画も演出の一つと捉えているのでしょう。

作画による演出は
例えば”湯気”の表現があります。
1話では、普通に描いてあり、
vlcsnap-2011-07-26-02h36m45s72.png
「暖かさ」「ほのぼのした感じ」が伝わっています。
このシーンは日常紹介なのでこれで良いのです。
17話では湯気が記号的に描かれており
vlcsnap-2011-07-26-02h37m58s80.png
「コミカル」「漫画的」な面白さがあります。
このシーンはギャグなのでこれでいいのです。
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。