黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

未分類 > 地獄の沙汰も金次第オッペケペー

地獄の沙汰も金次第オッペケペー

2011/07/19(火) 18:00:08 未分類 EDIT
1ドルが79円になり
過剰なドル安に かなり不安を覚えるのですが
世間はなでしこジャパンヒャッホーなんで
ここに愚痴を書いておきます。
いや、アメリカのゲームが安くで
買えたのでいいんですけど・・・。

これだけドルが安いとアメリカ国民には
物価の上昇や輸入品の制限が大きな問題になっていると思うのですが
よく耐えているものです。

貧富の差がよく問題になりますが
金があるところに金が集まるのは世の常で
ある程度は仕方の無いことだと思うのです。

ですが世の資本家の方々は
もうちょっと経済の本質を考えた方が良いと思います。
安定して財を消費できる層、
つまり”中流階級”を増大させなければ
経済は不安定になり
政府の政策も効果が薄くなるのです。
ひいては資産家の資産そのものを危うくするものなのです。

今のアメリカや日本の経済政策は
僅かな資本家の利潤のために、多くの中流階層減少させる
といったもので
このような政策が続く限り、アメリカのドル安も
日本の低金利も絶対に解決しません。

新自由主義にとって計画経済は悪なのは解りますが
少しは計画的経済対策をしないと
ドル基準が破綻するのは目に見えてます。

アメリカで軍に入るのは
生活費に困窮した人々であったり
福島原発で作業にいっている作業員は
借金で首が廻らなくなった人々だったりします。
「金は命より重い」
ということを21世紀の先進国が
ここまで露骨に具現して良いものでしょうか?
そんな社会で育つ子供たちが
健全な精神を保てるとは思えません。

これでは愛国心に燃えて戦争に行き、戦死していった若者や
かつての帝国主義時代の方がまだ人間らしいといえます

具体的には
・公共投資の増大
・JR,JAL,電信、郵便の国営化
・円建てによる東南アジアブロック経済圏の確立(中国対抗策。主軸は日本とインド)
・先物取引の一部規制(特に石油)
・自衛隊の国軍化(円建ての根拠に軍事力が必要)
・日米安保条約の改正
・日本政府保有の米国債の清算
・買いオペレーション
・必需品(石油、小麦、塩、米など)の消費税撤廃
・累進所得税の復活
をやるべきだと思います。
かなり社会主義的だと思われますが
今は、コントロール不能状態なので
このぐらい計画的政策をしなければ
どうしようもない状態だと思うのです。

スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る