黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

スポンサー広告 > 本当は面白い カメラのズーム
趣味 > 本当は面白い カメラのズーム

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

本当は面白い カメラのズーム

2011/04/26(火) 18:31:24 趣味 EDIT
最近、風景写真とか撮ったり、
模型やフィギアの写真を撮っていて気付いたのですが
カメラのズームで
写真の表現の幅って
大きく広がる事に気付きました。

いや、日頃からカメラを触っている人にとっては
常識なんでしょうけど。
私にとっては驚きの連続ですよ!。
DSCN1548.jpg
ということで実験。
同じ形で大きさの違う二つの人形を用意。

DSCN1550.jpg
小さいほうを前
大きいほを後ろに置いて撮影。

近くから撮影。
DSCN1552.jpg
当然、遠近法で
小さい人形は大きく見えます。
大きい人形は遠くにあるので
       は小さく見えます。

ところが遠くからズームして撮影すると
DSCN1553.jpg
後ろの人形が大きく見えるのです。
人形は動かしていません。

人形同士の距離は変わっていません。

遠近法の効果が軽減されます。
背景との距離感に変更が加えられるのか?
むむ・・・これは興味深い。

よく航空ショーの写真で
実際は結構離れて飛んでいる
飛行機同士が接触しそうな程
近くを飛んで見えるのは、
ズームで撮っているからなのか!
20101202202923bb8.jpg
じゃあ、動画を撮影するとき、
カメラを遠ざけながら
被写体の大きさを変えないように
距離を合わせて
レンズをズームするとどうなるか?

なんと背景だけが大きくなったり小さくなったりするように見えるのです。
背景との距離感だけが変わって見える!
よく映画とかで見る手法ですね。

「ヒッチコックズーム」
「逆ズーム」
「目まいカット」
とか言われている手法らしいですね。
たしかに、被写体の心情の変化や
心理の不安を表現できそうです。

あと遠近法をうまく使って被写体の
存在感を強調するのも良いですね。
マクロ(近接撮影)や
わざとカメラを離してズームで撮っても
おもしろい写真が撮れます。

3cmの坂本竜馬フィギアと
20cmの超合金ドロッセルお嬢様を用意。

DSCN1561.jpg
二つの被写体の距離を変えずに、
カメラのズームと焦点の変更だけで
DSCN1559.jpg
DSCN1560.jpg
DSCN1564.jpg
DSCN1563.jpg
こんなにもいろんな表現ができるんですね。
すごいよカメラ。
写真でしか出来ない表現ってあるんですねぇ・・。



スポンサーサイト
Comment (2)Trackback (0)
No title

なるほど、対象物の後退とズームレンズの操作がジャストタイムで連動すると、本当に背景だけ迫って来るように見えるでしょうね。
ヒッチコックの映画は「鳥」とか「裏窓」ぐらいしか記憶にないですが、こういう技術的な視点から観ると面白いんでしょうね。
台座に置いたタバコの賞味期限切れw

2011.04.27 07:19 1984 #- URL[EDIT]
No title

こんばんは1984様!
このレンズのズームとカメラの後退を合わせるのが
以外と難しくて、車輪付きの三脚とかないと
うまくできないです。
ヒッチコック監督の映画は私も殆ど見てませんw

2011.04.29 20:14 黒島椿 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。