黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

2017年02月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

シン・ゴジラ れびゅう

2017/02/02(木) 19:06:00 趣味 EDIT
シンゴジラが公開されて半年以上が過ぎ、
そろそろ上映終了した劇場も増えてきたので
ネタばれありのレビューをしていこうと思います。

この映画、テンポよく話が進むのでけっこう見落としていたところがあって
私は2回目見て気づいたことも多かったので
メモ代わりに書き留めておきたいと思います。

まず初めに、
突然の海水の噴出原因が皆わからない中で
なぜ主人公の矢口だけが
「巨大生物がいる」
と判ったのか?ということ

実は数秒、会議の前に矢口が
スマートフォンでニコ動らしきものを見ていて、
市民の投稿したものと思われる
巨大生物(ゴジラ)のしっぽが
海上にでてる動画を見ているんですよね。
私は最初そこを見落としていて、
なんで矢口だけが的確に指摘できたのか?
と思っていました。


次に映画の中にでてきた”紙爆弾”という単語。
だいたい相手を陥れるために意図的にだされるスキャンダラスな記事のことかなぁ
と思っていたのですが
調べてみると・・・
だいたいそういう意味でした。
 

映画の感想としては
小さいころから見てきた特撮怪獣モノとして見れる安心感
がありました。
安心感がありつつ、迫力や緩急もある程度あって素晴らしかった。
ハリウッド版ゴジラはカメラが
大きく動いたり、煽りだったり、フレームアウトしていたりで、
迫力や臨場感はあるのですが
全体像がつかみにくく、ちょっと疲れる映像が多かったのですが、
今回のシン・ゴジラは
ゴジラの全身がすっぽりフレームに収まってるシーンが多くて、
「あーこれだよ、昔の怪獣映画ってこうだった!」
と安心して見れました!なんというか、目が疲れない!

以上かなーりざっくりとしたレビューでした。

こちらもどうぞ

シン・ゴジラをコメント付きで楽しむ方法

スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。