黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

2014年08月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

増税したくて大本営発表

2014/08/13(水) 20:30:36 妄想 EDIT
GDP 年率-6.8% 震災以来の落ち込み
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140813/k10013770851000.html

内需を拡大しなきゃいけないときに
内需を冷え込ませる消費増税をし、
それで財政均衡に充てるのかと思えば
法人税や投資家という金持ちに減税。
使い古されたトリクルダウン(大企業が儲かれば庶民に利益は行き渡るという)理論
いいかげん詭弁だと気付いてほしいものです。

結果あまりにも逆方向な経済政策が功を奏して
見事、大震災並の落ち込みを記録いたしました。

権門上に傲れども
国を憂うる誠なし
財閥富を誇れども
社稷を思う心なし
(昭和維新の歌より)

しかし恐ろしいのは
あきらかな失策にもかかわらず
次の更なる失策、
”2015年10月の消費増税”
に向けて大本営発表を繰り返す政府やジャーナリストです。

消費増税の影響で経済が冷え込んだ
と認めてしまえば次の増税ができないから
嘘の情報認識を持ち出して
負けてない負けてないと言っているようにしか思えません。

負けているのに、明らかな作戦ミスにもかかわらず
ミスを認めず・・・
損失を分析せず・・・
誤った作戦を繰り返す準備をする。
まさに大東亜戦争末期の大本営そのもの。

毎度おなじみ経団連会長のコメントを見てみましょう。
「消費税率引き上げの駆け込み需要の反動減に伴い
国内の民間需要を中心にマイナスとなったが、
ことし1月から3月の高成長の反動と考えている。
今後、予算の早期執行など政策の下支えがあるなかで、
堅調な企業業績や雇用情勢の着実な改善などを受けてプラス成長に復帰し、
回復基調を続けていくと思う」

なんという楽観的戦術論。
○○と考えている。
○○と思う。
という抽象論でどんどん庶民を窮地に追い込む。
そもそも大震災級の駆け込み需要の反動
ってのが普通じゃない。

これでは前線で戦っている将兵が
無駄死にになるばかりであります。

アベノミクスは第一の矢を徹底して行うのが正解でした。
そうすれば国民平均所得が上がり、購買意欲が増え、税収が増え、
みんなが経済成長できたのです。
トリクルアップ・・それが瑞穂の國の資本主義です。
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。