黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

2013年07月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

風立ちぬの周辺知識

2013/07/20(土) 13:36:26 趣味 EDIT
いよいよ今日から公開ですね
風立ちぬ


主人公はゼロ戦こと
零式艦上戦闘機の設計者として有名な堀越二郎
戦後YS-11の設計にも参加した優秀な設計者です。
ゼロ戦で培われた技術は戦後の
新幹線の設計にも生かされることを思えば
堀越二郎氏が日本の発展に尽くした力は
非常に大きいといえます。

今回はゼロ戦(皇紀2600年の末2ケタ"0")
の一世代前の九六式(皇紀1596年式)艦上戦闘機の開発の話みたいですね。
羽が美しい楕円を描き、胴体がキリっとしまった
魅力的なフォルムの飛行機です。
同時代に欧米でメッサーやスピットファイア,
カーチスP-36の初飛行が始まっていることを思えば
追い越した!とまではいえませんが
見劣りのしない国産機がようやく出てきた!
といえる名機です。

なによりも美しい飛行機というのが良いですね
この微妙な曲線ラインは零戦に受け継がれます。

この時代、日本は国産機の開発が盛んで
軍部が企業間の開発競争を奨励するという
日進月歩の時代、
2~3年で旧式化というすごい時代です。
三菱、中島、川崎、愛知という大手メーカーが
いろんな試作機をだしてきて
飛行機マニアにとっては非常に面白い時代だったでしょう。

九六艦戦が三菱で開発されて海軍で採用された翌年、
陸軍は中島飛行機製の九七式戦闘機を採用します。

三菱の零戦が海軍で開発された翌年
中島飛行機の一式戦闘機「隼」が陸軍で採用

航空機開発はメーカー間の競争であり
陸軍と海軍の競争でもありました。

そういう背景をしった上で
「風立ちぬ」を見ると理解が深まるかもしれません。


零戦の開発チームの平均年齢は27歳。
10代も多く参加していたことを思うと
少年時代特有の斬新なアイデアや
活力の溢れる設計環境だったと思います。

そういう少年達が世界に対抗しうる
航空兵器を作り出していった。作りだせた。
そう考えるとすごい時代だったといえますね。
日本の技術革新はこの頃から加速していくわけですが、
残念なのは本格軌道にのる前に戦争に突入し
部品精度の劣る量産機で戦争をするはめになったことですね。

余談ですが、量産機体の性能が
試作機に劣るというのは
戦時中の日本みたいに基礎工業力(部品精度)
の劣る国にみられる現象です。
(普通は改善点が増えていくので性能が良くなる)
ですから
ガンダムなどで量産機体=性能が低下してる
という設定みるたびに
宇宙世紀なのに工業力ひくいのかなぁと心配になります




製作環境という視点で「風立ちぬ」
を見てみると原作の掲載がプラモデル雑誌だったということ、
宮崎駿が生粋のミリタリーマニアであること
を考えると今までのジブリ作品に比べて
宮崎監督の趣味が前面にでているともいえます。

トトロだいすきだから宮崎作品すき~風立ちぬも期待~
という人はまず
雑想ノート なる本を読んで
宮崎監督の趣味思考になれておく必要があるかもしれません。

そして風立ちぬ原作を掲載していた
模型雑誌 モデルグラフィックス!
なぜファインモールド九試単戦の付録キットを延期したのか!?
なぜ公開と同時に原作を単行本化しない!?
ホントうに商機に疎い雑誌ですねえ。
ガールズ&パンツァーブームで発行部数伸びたのですから
今乗らずにいつ乗るのか!?
今でしょ!
といった感じです

主人公声優の庵野秀明氏の
若い頃の声が聞ける愛国戦隊大日本!↓
ナレーターやってます↓

スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

化物語セカンドシリーズ

2013/07/14(日) 20:51:01 趣味 EDIT
西尾維新の物語シリーズ、
原作が気に入ってるので
今回の化物語セカンドシーズンも期待してます
bakemonogatari002hj (3)
bakemonogatari002hj (2)
bakemonogatari002hj (1)
Comment (0)Trackback (0)

波風立ちぬ

2013/07/14(日) 02:58:48 趣味 THEME:アニメ (ジャンル : アニメ・コミック EDIT
なんとジブリの新作は零戦の設計者、堀越二郎が主人公!
原作は駿様が模型雑誌に連載していた 風立ちぬ
なんでしょうけどね。
2009年の2月に書いた記事
妄想ノート連載か!?
が予想を超えて劇場作品にまでなったことに
驚いています。
1373545593893.jpg
ガールズ&パンツァーで宮崎駿監督も
お気に入り戦車を最新CGで
マザマザと映像化されて
フラストレーションがたまっていたでしょう!
とくに10話でポルシェティーガーが自重で埋もれるシーンなんて
宮崎駿の雑想ノートそのままでしたから・・・。

モデルグラフィックスにも
9試単戦の1/72キットが付録で付くそうで
(何月号になるかは解りませんが・・)楽しみであります。
クラシックエアフレーム社の九六艦戦で苦労したので
次はキレイに作ってあげたいヒコーキであります。

あと”永遠の0”も映画化するとのこと!
原作を読みましたが
ちょっと子供向けっぽい文章が気になった以外は
特攻以外にも往年のラバウルのエースなども
登場したので高評価です。
映像化に関してはけっこう期待してます!
ちゃんと21型と52型の違いを描いてくれそうですし!

今年はミリタリーファンにとっては
豊作な年といえそうですね

Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。