黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

2011年12月 の記事一覧

天気晴朗ナレドモ波高シの舞

2011/12/29(木) 00:34:18 未分類 THEME:坂の上の雲 (ジャンル : テレビ・ラジオ EDIT
元気が出るわ・・・

スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

マイナス金利とはなんぞや?~うわっ、米国債の金利、低すぎ・・?~

2011/12/27(火) 06:09:10 日記 THEME:政治・経済・時事問題 (ジャンル : 政治・経済 EDIT
日本経済新聞--12/27

すげーぞアメリカ!
国債の利子が-0.01%です。
貸せば貸すほど損しますよ!

借りれば借りるほど得をする!
100円借りても返すときは99円!
友達にこんな事したら絶交されますな!
でもアメリカはジャイアンだから大丈夫!
経済はSFより奇なり!

もやめて!アメリカの体力はゼロ以下よ!
あ、ドイツはもっと低い。。。


日本にマイナス金利を導入して
購買欲を刺激せよ
なんて意見もありましたが
とんでもありません。

銀行から一気に取り付け騒ぎが発生して
無益な混乱を生むだけですよ。
そんで引き出した現金を使うか?
といえば多分多くの日本人は
タンスにしまうんですよね・・。
やっぱり蓄える。
これは民族性ですよ。
多くの日本人は蓄えがないと不安なんです!
だから市場には流れない。
市場から円が消える。
結局円高が加速する。

いや、円高政策に関しては、
日本はよくやりましたよ。2011年。
虎の子の日銀砲も、結構撃ちました。
しかしアメリカ様が、
ボカスカ ドルを刷って刷って刷りまくり、
さらに金利を下げて下げて下げまくったせいで
いわば日本以外インフレみたいな世界になっちゃって
いや、本当 日本以外みんな沈没になっちゃって
そりゃあみんな円買いますし、
日本国債買いますな!仕方ありません。
なのに国債の格付け低いんですよ日本。
そもそもムーディーズの国債格付けランキングって
ユダヤ人の多い国ランキングっぽいなぁ・・。



Comment (0)Trackback (0)

坂の上のくみょ

2011/12/26(月) 07:38:59 未分類 THEME:坂の上の雲 (ジャンル : テレビ・ラジオ EDIT
終わりました。坂の上の雲。
見終わりました。
3年かかりましたが、今ではその時間が
「じっくり見る」
ことによる満足感に貢献しているかなぁと思います。
vlcsnap-2011-12-29-00h45m14s193.jpg
最終回は”日本海海戦”
すごい迫力ででした。
やはり戦艦群のかっこよさは異常。
vlcsnap-2011-12-29-00h45m27s57.jpg
伊集院信管、下瀬火薬の焼夷効果すごすぎ
あんな敏感な信管(水面でも破裂する)と
ピクリン酸火薬じゃ榴弾砲というかもう焼夷弾ですな。
被弾しますと敵艦の装甲を
ノヴァーーて感じで火が広がって、
至近弾も海面で盛大に爆発して
破片や火炎を撒き散らしてました。
vlcsnap-2011-12-29-00h48m31s103.jpg
vlcsnap-2011-12-29-00h48m56s100.jpg
vlcsnap-2011-12-29-00h50m04s7.jpg
うん、これは怖いね。
徹甲弾で轟沈されたほうが
まだ苦しまなくていいかもしれません。
ロシア海兵も日本海軍、恐ロシア状態だったでしょう。
vlcsnap-2011-12-29-00h45m03s73.jpg
vlcsnap-2011-12-29-00h44m31s20.jpg
vlcsnap-2011-12-29-00h43m48s78.jpg
鹿児島人すごすぎ
ご先祖様すごすぎ
vlcsnap-2011-12-29-00h48m10s142.jpg
この時代が戦艦の最盛期だと思います。
スペック的には第二次大戦の戦艦には
遥かに劣るのですが
潜水艦や航空機が実用化されておらず
さらに魚雷や通信機が未発達なので
厚い装甲に覆われた戦艦が
ボカスカ殴りあうことこそが
艦隊決戦であったわけで
国家が戦艦に頼るところは
今では想像できないほど大きかったと思います。
vlcsnap-2011-12-29-00h48m04s82.jpg
vlcsnap-2011-12-29-00h47m05s7.jpg
vlcsnap-2011-12-29-00h46m56s186.jpg
vlcsnap-2011-12-29-00h46m40s26.jpg
また帝国といのがかっこいい。
私は”帝国”という響きに物凄く
あこがれるところがありまして、
子供っぽいとは思うのですが
帝国という言葉がつくだけでかっこよく感じてしまいます。
どんな庶民的な単語でも
頭に”帝国”をつけると
かっこよくなるという持論をもってます。
例えば
帝国カレー。
帝国ビジネスホテル。
帝国都市伝説
帝国双葉ちゃん。
帝国吉野家
帝国クリスマス
帝国少女漫画
帝国アンドロイド
帝国ケフィア
カッコいいと思いませんか?
vlcsnap-2011-12-29-00h49m31s194.jpg
ロマノフ王朝ロシア帝国vs大日本帝国。
帝国海軍同士の戦い!実に荘厳な響きです。
中世的な浪漫がまだ残り香にあります。
黒く、重厚な鉄の城塞。
方や艦首に双頭の鷲。
方や艦首は菊の紋章。
ゴゴゴゴゴという
スチールの波を巻き上げる音が大迫力です。
今回のドラマ、
NHKはよく雰囲気をだしていると思います。
思わず「解っていらっしゃる」
と感嘆しました。
vlcsnap-2011-12-29-00h46m06s197.jpg
vlcsnap-2011-12-29-00h49m52s154.jpg
作品には作品性と娯楽性という二つの方向があると思います。
時代性とエンターテイメント性といってもいいかもしれません。
教育的と娯楽的ともいえます。
ジブリ作品で言えば
ナウシカやもののけ姫、たぬき合戦ぽんぽこは作品性重視で
ラピュタやトトロ、紅の豚は
娯楽性重視といった感じです。

作品性の高い映像作品というのは時代性も高いので
その時代に見ないと共感できにくいのです。
極端に言えば、
今の時代だからこの作品を見る価値がある
ということです。

その点娯楽性の高い作品は
いつの時代に見ても共感できますし
長年愛されるという利点があります。
一般的に大ヒットするのは
娯楽性の高い映像作品です。
ハリウッドなんて最初から
エンターテイメントとして
映像作品を作ってます。
まぁ”売ろう”と思うとそうなります。

作品性はある意味、
潤沢な資金とネームバリューが必要なのです。
最近のジブリアニメが宮崎駿の
”こんな時代だからこの映画を!”的な
小難しい、ある種 思想的な印象を受けるのは
宮崎駿が偉くなった証なのです。
ジブリの初期作品のほうが
何も考えずに見れて私は好きですが・・・。

さて坂の上の雲。
これは非常に厄介で
原作は作品性が強い。
司馬遼太郎の思想性も濃厚。

原作が書かれた40数年前は日本が上り坂でした。
ぐんぐん成長していました。
でも今の時代は違います。
不況20年。
上るべき坂が見当たらず、
目標とすべき”雲(クラウド)”もありません。

その原作の雰囲気を忠実に再現しては
40年前の時代性を再現することになり、
現代では共感できない作品になったでしょう。

その点、今回のドラマ化に際して
NHKは原作の”作品性”を上手く省いたと思います。
上手に作品性を娯楽性にシフトさせています。
司馬遼太郎の”思想”が原作より大分薄い。
その代わり、平成っぽい平和思想はありますが・・・そこは我慢。
ですからドラマ”坂の上の雲”は
いつの時代にみてもそれなりに楽しめると思います。
人によっては作品性の薄さが物足りないかもしれませんが・・。
ですから”明治っていいなぁ”
”軍艦かっこいいなぁ”
といったスタンスで見ると良いかなと
お勧めしておきます。

Comment (0)Trackback (0)

ARをやってみよう

2011/12/20(火) 22:42:54 未分類 EDIT
最近ARがマイブームで
どれほどマイブームかというと
マイブームというスイーツな言葉を使っちゃうくらいなわけで
それほど熱中してないわけで
でもwrap920とかいうヘッドマウントディスプレイや
ハンディカムやニンテンドーwiiを買っていろいろ試行錯誤して
この技術の利用価値などを検討しているわけです。

ARとは何か?
私流に訳すならば”ハメコミ合成技術”であります。
従来主流だったヴァーチャルリアリティが
仮想空間を現実世界に近づける技術だとすれば
ARは現実映像にデジタルデータを映し出す技術です。
現実の映像を使えるので
実はヴァーチャルリアリティより敷居は低いのです。

ネットで探すといろいろ面白いのがでてきます。

私のアイデアとしては
例えばサバイバルゲームの標的であるとか
年賀状の挨拶とか
それこそ動画に混ぜて
二通り楽しめるようにするとか考えているのですが
現実世界としては
家具を置いたときのシュミレーション
車のフロントのHUD表示
軍事
に利用されるようになりそうです。

極めようとすれば難しいARですが
実は皆様のandoroidスマートフォンで簡単に試せます。
まずアプリストアで”AR家電”をインストール。
無料です。
artest03.jpg
そして下記のサイトから
レグザ設置シミュレーション 【AR家電】未来のカタログ
AR makerを印刷。
それで終わり。
artest02.jpg
artest04.jpg
あとはAR家電を起動させて
スマートフホンのカメラでAR makerを見ると
そこに家電が置かれているように表示されるのです。
面白いですよ!。
artest01.jpg
Comment (0)Trackback (0)

F-35とは何か

2011/12/15(木) 20:01:04 未分類 EDIT
日本の時期主力戦闘機が
F-35に内定したそうです。
予想以上に最新鋭機種で驚いております。
私の予想ではFA-18かなぁ・・と思ったのですが。

F-35がX-35という名前だった頃、
ボーイングの提示したx-32というライバルがいました。
形の奇抜さが素敵で
もし日本が採用するならコレだ!
なんて思ってました。
x324.jpg
(↑やっさん事務局より)
何気にグーグルで”やっさん”を検索すると
上から2番目に私のホームページが表示されるようになりました!
(wikiの横山やすしの下www)
yassanjimukyoku01.jpg
細々と10年運営してみるものです。

Comment (0)Trackback (0)

児玉でしょうか?いいえ、誰でも!

2011/12/11(日) 23:03:14 日記 THEME:坂の上の雲 (ジャンル : テレビ・ラジオ EDIT
タイトルは児玉源太郎が
第三軍の指揮を執った記念なので・・・。

坂の上の雲!第三部第二話
ついに二百三高地であります!
「そこから旅順港は見えるか!」
傑作映画、”二百三高地”から30年。
見せてもらおうか、NHKの本気というものを!

見ていて思うのは
本当上層部が鹿児島県人と山口県人ばかり。
ご先祖様は凄かった・・・。

いや兵に至るまで凄く勇敢で
兵力が15分の1になっても突撃をあきらめない!
その精神力に感服であります。

NHKはよくがんばって作ったと思います。
惨い白兵戦の連続
日本のドラマとは思えないほどの迫力でした。


来週は日本海海戦。
本当に毎回クライマックスのような盛り上がりですなぁ
Comment (0)Trackback (0)

日本スゲーってなるサイト

2011/12/10(土) 11:32:16 未分類 EDIT

日本の陰謀

↑のサイト見ますと
「日本スゲー」ってなります。
書かれていることの1割でも本当ならば
日本は相当頼もしい国なのですが・・・・
Comment (0)Trackback (0)

ニコ生がバルス

2011/12/10(土) 00:08:19 日記 THEME:今日の出来事 (ジャンル : 日記 EDIT
事前に予想はできていました。
大嵐にも耐えうる回線、サーバー、
そして緊急回避策、流言陽動策。
何の話かと言うと・・・・
今日、地デジ完全移行後初めて
「天空の城 ラピュタ」が放送されたのです。

インターネットが普及しきった2011年冬。
各種 実況サイトが
大量のアクセスによって”落ちる”ことが判っていたのです。
特にバズーとシータが
「バルス」というシーン・・・・・
barusu.jpg
協調性に長ける多くの日本人が
”バルス”と
書き込まないはずがない!
ネットは戦々恐々!
今夜放送の「天空の城ラピュタ」、
“バルス”は23時20分前後か?

気象庁、日本全域に大バルス警報発令 2年ぶり

私も最近はパソコンでPT2を介しテレビを見て、
ニコ生実況アプリでコメントを流しているので
ちょっとお祭り気分でした。
kankyour001.jpg
いや、もうラピュタなんて何十回も見て
セリフも殆ど覚えているのですが
ラピュタそのものよりも

ニコニコ生放送サーバーは
いったいどれほどの負荷に耐えられるのか?

というのが楽しみで仕方ないのです。
まさに全国からの一斉アクセス!
素晴らしい実戦負荷テストです!
これで災害時の予行演習はばっちりだ。

ニコニコ運営
『「ニコニコは『バルス』でも落ちません。
皆さんのコメントを待っています」(ニコニコ開発)。
かつて数多くのネットサービスを
落としてきたその一言に、ニコニコが挑戦!』
・・・
・・・・・
なんという死亡フラグ!
さすが解ってらっしゃる!

kuroshimaraputa (4)
折りしも金曜ロードショーの前には
らんま1/2のドラマ版という
誰が考えてもネタにしかならない番組。
B級番組厨の客寄せもばっちりのようです。
kuroshimaraputa (5)
番組が始まった途端、
ニコ生が”激”状態に。
ついに負荷テストが始まりました。
しかし本当の地獄はこれから・・・・っ!
kuroshimaraputa (9)
kuroshimaraputa (10)
kuroshimaraputa (11)
海賊達が「落ちるーー!」と叫ぶシーンで
たくさんの「おとせーー!」のコメント
あきらかにコメントサーバーを
落とそうとしているなニコ厨共。
ちなみにこの段階で
コメントを書き込むとエラーになり
サーバーをはじき出されるように・・・
ここは傍観しているほうが無難なようです。

パズー(VC:モンキー・D・ルフィ)が
海賊達に追われるシーンで”祭”状態に!
kuroshimaraputa00 (1)
アクセス数計測不能!
パズーとシータが橋げたから落ちた瞬間、
サーバーも落ちました。
なんという予定調和・・・・。
jikyouhukamon.jpg
kuroshimaraputa (1)
なんとかアクセスを繰り返し
やっとつながったところ、
どうやらBSの日テレチャンネルに
大量の難民が移動しているようです。
「BSチャンネルは甘え」
「運営が誘導してる」という書き込み多数。
いったい何と戦っているんだか・・・
kuroshimaraputa1).jpg
同時期に
公式のほうでもシータの声優さんを招いて
”ニコニコ映画実況 ~天空の城ラピュタ~
みんなで一緒にジブリ作品を見よう<テレビ実況生放送>”
がスタート。
ニコ生運営の挑戦に感動しました。

その後も
幾度もサーバー追い出しを喰らい
”バルス”
の瞬間が近づいてきました。

しかし次第に
大規模アクセス規制が始まり
コメントをするたびに追い出される
ニコ厨が増えてきました。
kuroshimaraputa00 (4)
まさにナチス・ドイツなみの言論弾圧に
強制退去のニコ厨難民がユダヤ人化し
何度もイスラエルへの入国に挑んでいるようです。
kuroshimaraputa (18)
そしてバルスの瞬間・・・・・
kuroshimaraputa (20)
kuroshimaraputa (22)
kuroshimaraputa (23)
コメントが途切れながらも
なんと
サーバーは落ちませんでした。
kuroshimaraputa (25)
どうやらかなりのアクセス規制をしたようです。
なんとその後、
エンディングロールまで
”バルス”の書き込みが
間延びした感じで書き込まれてました。
kuroshimaraputa (27)
そうニコ生運営は
ニコ厨そのものをバルスすることによって
自らがバルスされるのを防いだのです。
これがニコニコの戦略っ!
圧倒的っ!運営っ!

たくさんの「許さない」のコメントと共に
今日も日本の金曜日は終わり行くのでした。
ホント平和な国ですなぁ・・・・。

もう何十回も見た天空の城ラピュタですが
やはり面白いですね。
いい意味で作品性、作家性性が抑えられていて
純粋に楽しめます。
宮崎駿という天才がジブリの売り上げを伸ばそうと
ともかく「受ける作品」を作っているのが
丁度良いバランスを持った作品になった
原因だと思います。
(逆に言うと、最近の劇場版アニメって
 作家性が強すぎる気がします。
私は好きですけどメジャーヒット
しないだろうなってのが多いです)
2時間があっという間というほど
無駄を感じさせない展開、
久石譲の曲もこれ以上にないというほど完璧な入りで
本当に神曲の連続です。
これって25年も前のアニメなんだよなぁ・・・
やっぱすごいな、すごかったんだなジブリは!

今日のラピュタの発見
kuroshimaraputa (2)
パズーに
「まだ仕事かい?」
と声をかけたおばさんの声優が
林原めぐみ
(エヴァの綾波レイ、コナンの灰原哀の声優さん)
たった一言に使えるとは、、、
まだ売れてない頃だから当然か・・・
kuroshimaraputa (3)
親方の娘マッジの声優が
TARAKO
(ちびまるこちゃんの声優さん)
脇にもすごい人ばかり

今思うと製作スタッフも超豪華で
既に亡くなった方もおり、
まさに日本アニメーションの
金字塔でもあり、起爆剤でもあったのだなと
感心しっぱなし・・・・。
Comment (0)Trackback (0)

坂の上の旅順要塞

2011/12/08(木) 01:22:26 日記 THEME:NHK (ジャンル : テレビ・ラジオ EDIT
NHKで3年に渡って
年末限定放送の坂の上の雲
ついに第三部が始まりましたよ!
sakanouetop2.jpg
sakanoue-top.jpg
司馬遼太郎ファンで原作マニアの私としましては
かなり期待しています。
大河ドラマが
戦国カンタービレ状態でしたので
「こっちが本当の大河でいいじゃん」
というのが感想です。
鹿児島人がいっぱい出ますし!

個人的にはちょっとCGがしょぼかったのと
戦場シーンでの1画面に映る兵の数が少なすぎる点が不満でしたが
大方期待通りで満足であります。

さて細かいレビューですが・・・
いろんな人がレビューしていますので
私は当時の兵器の解説に重点を置こうと思います。

というのもこの時代は
陸戦兵器や戦術が
日進月歩で進化した時代で
南北戦争と第二次世界大戦の
間の、実験的要素の強い兵器
が多いので、
戦争の進化を見る上で非常に興味深い兵器が多いのです。
「騎兵(中世)と機関銃(近代)が混在している」
といった感じなのです。

まず日本軍の主兵装

三十年式歩兵銃
30nenshiki01.jpg
30nenshiki02.jpg
30nenshiki03.jpg

秀才兵器技官、有坂成章の開発した傑作ボルトアクションライフル。
”三十年式”は明治30年採用という意味です。
日本が第二次世界大戦で使った38年式の一世代前のライフル。
基本的な機構やスペックは三八式歩兵銃と同じですが
三八式より部品点数が多く、銃身が若干長いです。
主要国が7.62mmを採用する中、
日本は6.5mm弾を採用しました。
小口径ゆえに反動が小さく、扱いやすいのですが
ストッピングパワーは7.62mmに劣ります。
ちなみにJ.Fケネディを狙撃したのも
イタリアのカルカノライフルの6.5mm仕様。
小口径弾は工業力の低い日本での
生産に向いているという説もあります。


前にも書いた通り、
この時代の戦場にはまだお馬さんに乗った兵隊がいました。
よって主要国の主力銃に求められたのは
「馬が倒せる威力」
三十年式の6.5mmでも馬は倒せるという実験は
しているようです。
アメリカ、イギリス、ロシアが採用した
強力な7.62mm弾はその後も世界水準の弾丸になり
アサルトライフル(自動小銃)の登場まで主力であり続けました。
いわゆるNATO規格です。

しかし戦場から騎兵が消えて
市街地や森林でも戦争が起こるようになり、
さらに軽機関銃的性格をライフルに課すようになると
7.62mmは威力が過剰で
大きな反動(リコイルショック)は銃の制御を難しくしました。

そこで最初は薬莢を縮めて威力を下げたのですが、
(7.62mm×~51mm)
(AK-47,M-14,G3系列、64式小銃)
口径も小さくしたほうが弾の初速が上がり
結果貫通力を得られるということで
(e-mcの2乗)
5.56mmが採用されていき、現代に至ります。
(M-16,M-4系列、AK-74,G-36,89式小銃がこれに当たります。)
これもいわゆるNATO規格!

しかし、やはり5,56mmではちょっと威力不足ということで
2002年のアフガニスタンでは
倉庫から古いM14(7.62mm仕様)が持ち出されたそうです。
つまり旧日本軍の6.5mm弾が丁度良かったのかもしれません!?
なんだかなぁ・・・。
主力銃に関して言えば
一発の威力は100年以上前の
日露戦争時のボルトアクションライフルのほうが強力なのです。
その証拠にう7.62mmボルトアクションライフルは
未だにスナイパーライフルとして
世界中で採用されています。
30nenshiki04.jpg

三十年式歩兵銃は大平原での撃ち合いにおいては
かなり優秀(無難)なライフルであったと言えます。


ロシア軍主兵装
モシン・ナガンM1891/30
mosin01.jpg
mosin02.jpg
こちらもボルトアクションライフル。
7.62mm弾使用。
ロシア~ソ連は
日露戦争から第二次世界大戦まで
ず~とこのライフルを主兵装に戦っています。
スターリングラードという映画を見れば
この銃の活躍が伝わると思います。

ロシアだけでなく殆どの国は
1880年代~1950年代まで
ず~っとボルトアクションライフルが主兵装です。
アメリカがいち早くガスピストン方式を採用してはいますが・・。
ボルトアクションは構造が簡単で壊れにくく
(個人的には頑丈さ、動作の信頼性が主力銃で一番必要な要件だと思ふ)
威力と命中率が高いので長く主力で居られたのだと思います、。

つまり19世紀末から20世紀前半の陸戦兵器の進化というのは
ボルトアクションライフルがあまり進化しないながらも
”主力”の位置にあり、
その脇で、機関銃、軽機関銃、機関拳銃(サブマシンガン)
そして馬が戦車へと目まぐるしく進化していく状態だったと言えます

二次大戦後期から分隊支援としての軽機関銃が注目され、
いっそ主力銃を軽機関銃のような性質にしたれ
ということでアサルトライフルが登場し
戦後になって主力に収まるのです。

榴散弾
ryusandan01.jpg
これは映像作品で再現されているのは珍しいです。
兵器考察は佐山二郎氏。
うむむ・・さすがです。
------------wikiより------------------------
榴散弾(りゅうさんだん、Shrapnel Shell)とは、
19世紀初頭から20世紀半ばごろまで使われた対人・対非装甲目標用の砲弾で、
野砲や榴弾砲から発射する。
ryusandan02.jpg
砲弾内部には球体の散弾が多数詰まっており、
目標のやや手前上空で弾丸底部の炸薬を炸裂させ(曳火)、
散弾をばら撒いて人や馬を殺傷し軟目標を破壊する。
旧日本軍では榴霰弾と表記した。
ryusandan03.jpg
ryusandan04.jpg
最適な高度で炸裂させるためには
時限信管を目標までの距離に応じて調整する必要があるため、
距離に応じた正確な時間を算出する弾道工学と
設定した時間通りに正確に作動する時限信管が必要だった。
このため、射撃準備に時間がかかり、
構造上榴弾よりも製造に手間とコストがかかる。
------------↑wiki-------------------
ryusandan05.jpg
人馬には効果的な榴散弾ですが、
爆発が早すぎると散弾の威力が不足し、
逆に遅すぎると、地面をえぐるだけに終わる、
調整の難しい兵器なので、
だんだん使われなくなっていきます。
散弾をばら撒くという特性を生かし、
第二次大戦で対空砲として
ひっぱり出されたこともあるとか・・・・。


マキシム機関銃
--------------以下wikiより----------------
maxim02.jpg
マキシム機関銃(マキシムきかんじゅう)は1884年に、
アメリカ生まれのイギリス人発明家、
サー・ハイラム・マキシムによって作られた、
世界で最初の全自動式機関銃である。
作動機構は、それぞれ使用済みの空薬莢の排出と
次の実包の装填に、射撃時の反動力を利用するものだった。
これは本機関銃を、従前の機関銃よりも非常に能率化し、
より省力化の徹底を果たした。
従前の機関銃にはガトリング砲やガードナー機関銃(en)があり、
これらはクランクハンドルと多銃身方式を使用した、
完全に異なる作動機構で作られていた。
maxim01.jpg
試験ではマキシム機関銃が毎分600発を射撃できることを示した。
これは、同時代における後装式のボルトアクションライフル
約30挺の火力に匹敵した。
現代の機関銃と比較するにマキシム機関銃は重く、
かさばり、扱いにくいものであった。
機関銃を一人で射撃し得たとしても、この機関銃は通常、
一つの部隊によって運用された。
兵器の冷却構造から、連続射撃を行うには
コンスタントな水の補給が欠かせず、
また数名の人員が機関銃の移動や
陣地変換のために必要だった。
その他
yahou01.jpg
yahou02.jpg
yahou03.jpg
hakugekihou002.jpg
tenagedan.jpg

ピングドラムの回想電光掲示板
Comment (2)Trackback (0)

戦時画像まとめ

2011/12/01(木) 18:57:21 趣味 EDIT
【続きを読む】
Comment (0)Trackback (0)

これは名言

2011/12/01(木) 01:06:12 未分類 EDIT
ナチスは最初に共産主義者を攻撃した。しかし、私は沈黙していた。
私は共産主義者ではなかったから。

彼等は次に社会主義者を攻撃した。しかし、私は沈黙していた。
私は社会主義者ではなかったから。

彼等は次に労働組合を攻撃した。しかし、私は沈黙していた。
私は組合員ではなかったから。

彼等は次にユダヤ人を攻撃した。しかし、私は沈黙していた。
私はユダヤ人ではなかったから。

ある日、彼等は私のもとにやって来た。その時、私は初めて彼等に抗議した。
しかし、その時には、何もかもが遅かった。
Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る