黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

2011年06月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【火の島】三島村 硫黄島の海凄すぎワロタwww【七色の海】

2011/06/30(木) 03:06:08 未分類 THEME:みんなに知ってもらいたい (ジャンル : 日記 EDIT
といった趣旨の番組がNHKで
7/1の19:30から放送される予定ですよ!
再放送が7/2 11:30です!
NHKプレミアム - 番組表 - 海のトワイライトゾーン
本日BSで先行放送があったのでさっそく録画してみました。
いやー、本当に酸化鉄で赤い海ですね。
人の血と同じ原理で紅いんですねぇ・・。
LCLの海ですねぇ。
iwojimaumi.jpg
驚いたのは
音楽が黒石ひとみ様ということ。
アニメ好きの間では知られたアーティストです。
”コードギアス 反逆のルルーシュ”
や”プラネテス”で有名です。
黒石ひとみの音楽をバックに見る地元の海
感動的です。

デジタル放送はコピーガードガチガチで
まともにDVDに焼くこともできない!
と困っている島の人対策として
私のPT2導入パソコンが活躍しそうです。
アンニュイな日記--PT2導入で快適なテレビ生活ってヴァ
硫黄島(三島村)関係の方で
個人的な視聴目的でDVDがほしい方!
私に一報くださればDVDに焼きますよ!
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

関連付で学ぶ面白さ

2011/06/28(火) 22:51:11 日記 EDIT
私の実家では留学生の
中学生(2年生)の子供を預かっています。
あまり本を読んでいないので(マンガやライトノベルは読むが)
他の興味のある分野から
いろいろ関連付けて本の面白さを教えてみました。

その子の名前の由来は作家の「筒井康隆」ということで
それでは、その由来の筒井康隆の本を薦めましたが
なかなか食いつかないでした。

そこで その子は"アニメ"と"ボーカロイド"が
好きだというので、
アニメとボーかロイドの話から始めました。
(ちょうど良いネタがあったので・・・。)

「初めてアニメの主題歌で
ボーカロイドが使われたのは
”パプリカ”というアニメなんだよ。」
という話をして↓の動画を見せました。

「おぉ!本当にボーカロイドっぽい声だ」
となかなか好反応。

そしてそのアニメ、
「パプリカ」のストーリーを説明したところ、
「面白そうですね」
と言われましたので
「実はパプリカの原作者は”筒井康隆”なのだ」
さらに「時をかける少女の原作も筒井康隆なのだ」
とか、「パプリカの主題歌を歌っている
  ”平沢進”はベルセルクのOPを歌っているし、
"けいおん"の主人公、平沢唯の名前の由来なのだ」
と説明すると、
「筒井康隆の本を読んでみたい」
ということ。
かなり興味を持ってくれたようなので、
蔵書から筒井康隆短編集を貸しました。

まぁまずはショートショートからオススメして
本の面白さを伝えていけたらなぁと思います。

この動画を探していて知ったのですが、
アニメ映画版パプリカの監督、今敏さん亡くなっていたんですね・・・。
千年女優とかパプリカとか好きなアニメでした。
筒井康隆原作アニメでは時をかける少女よりも
パプリカの方が圧倒的に好きでした。
惜しい人を亡くしたなぁ・・。

↑は原田知世主演 映画「時をかける少女」
ちなみにアニメ版では保健室の先生が かつて
初代「時をかける少女」だったことを仄めかす
話をするシーンがあります。
そんな細かくて世代を跨いだ伏線を用意されても
マニアしか楽しめない!

↑絵やカットがサマーウォーズに近くなってますね。スタッフが一緒ですので。

ちょっと関連付けが
くどくなりましたのでここまでにしときます
パプリカ
Comment (0)Trackback (0)

こぉれは非道ぃ

2011/06/27(月) 04:05:15 妄想 THEME:どうでもいい報告 (ジャンル : 日記 EDIT
ある労働組合の会報に載っていた4コママンガがブラックすぎる件
majikichi.jpg
いくらデジタルが嫌いだからって
磁石(どんだけ強力なんだ)で
電子機器を破壊するのは笑えない。
団塊の世代の電子機器嫌いが
これほどのテロリズムだとしたら
赤色云々を通り越して脅威です。
日本は今日も平和です。
uwaaaa.jpg
Comment (0)Trackback (0)

さばげぶっ!1巻発刊!

2011/06/22(水) 01:27:03 趣味 THEME:みんなに知ってもらいたい (ジャンル : 日記 EDIT
↓今週の『日常』よりP-90を構える立花みさと
tachibanamisato.gif

なかよしで好評連載中の、サバイバルゲーム部漫画、
『さばげぶっ!』ついに第一巻が発刊されました。
さっそく本屋に行って買ってきました。
DSCN1650.jpg
(ちょっと萌え漫画みたいな表紙です。
   まどマギって感じのフォント。どこかで見たような・・。)
少女マンガコーナーに入るのに
いまさら 何の抵抗もないんですが
どういうわけかBL(ボーイズラブ)
コーナーが隣接しており
腐女子の方々に混ざりながら
何とか探し出してきました。
いろいろ痛いな私!。

読んでみた感想ですが、
やはり小学生高学年の女の子でも
読みやすいように描かれているなと
感じました。
DSCN1656.jpg
(↑トリガー・ハッピーの素質を見せる主人公モモコ)
DSCN1665.jpg
(↑白○黒子的なキャラが主人公を盛り上げます)
少女マンガなのに
カッコいい男との恋愛が無く、
周りがアクの強いキャラだったり
百合要素があったりして、
なんといっても部活でエアガンを扱ったり、
そのシチュエーションで、
女の子を楽しませる漫画というのはかなり珍しいのではないかと、、、
DSCN1668.jpg
(↑主人公の初期プロットらしいです。
  大きいお友達向けだったらこっちの方がウケがよさそうです。)
いや、おっさんの私が読んでも面白いでした。
個人的には作者の小話が面白いなと。
男の作者と違う感覚が発見できて興味深かったです。
DSCN1658.jpg
(↑少女漫画家は銃や車両などの工業製品が苦手な人が多いですね。
  興味が無いからかなぁ・・。
  でもこの方は頑張って描いています。)
DSCN1661.jpg
(↑このコメントは小学生女子向けのコメントとしては面白い!)
絵でいえば、
実は少女漫画らしい絵よりも
デフォルメされた絵(ギャグ顔とか)
の方がマンガの絵としては
上手いなぁと感じました。

作者様の他の作品を見ますとね、、、
やはり少女漫画チックじゃない
絵の方がイキイキしてるんです。
rreibai.jpg
上の絵のネコとか実に良い表情してます。
DSCN1655.jpg
作者の松本ひで吉様。
まるで なにわ小吉みたいなノリの名前ですが
写真を見る限り結構美人です。
う~ん、文章や絵からは
想像できない ほど美人です。
廃墟や工場の写真を見ること好きとのことで
この人とは上手い酒が飲めそうだなぁ
とか妄想してしまいました。

貴重な少女漫画なのでお勧めです。
さらに私は応援の気持ちをこめて
ファンレターを送りました。
DSCN1693.jpg
汚い文字と絵で申し訳ないです。、、、、
応援してます。
DSCN1666.jpg
↑しまった!ずっとモモコだと思っていた!

あと、本屋に行くときに気づいたのですが
鹿児島中央駅にソフマップができてますね!
これはスゴイ!感動!
鹿児島のオタク巡回コースに入りますね。
DSCN1681.jpg
これで駅でエロゲーが買える時代になったんですねぇ
いや買わないですけどね。

Comment (0)Trackback (0)

あの日見た翼の名前を僕達はまだ知らない。

2011/06/21(火) 11:11:48 日記 THEME:ひろがる萌え文化 (ジャンル : サブカル EDIT
鹿児島の皆さん!霧島アートの森に
八谷和彦氏の
パーソナルフライトシステム「オープンスカイ」
がきますよ。

南日本ニュース『OpenSky in KIRISHIMA 八谷 和彦 展』

鹿児島県広報(八谷和彦展 -OpenSky in KIRISHIMA-)

以前プラモ雑誌でちょこっと見たんですけど
すばらしい飛行機ですよ。
いや展示がメインで実際には飛ばないんですけどね

いやーすごいですよオープンスカイ。
人が翼の上に乗って飛ぶ乗り物なんですがね。
なんといっても翼の上に載るんですからね。
2264.jpg
ハングライダー?プロペラ?
いやいや、あくまで人が上に乗ってですね、
そんで固定翼が基本でしょう。

というか日本人として。
もう形は決まってるんですよ。
28年前から,
あの日見た映画以来、
パーソナルフライトシステムの形は
決まっているんですよ!


これです。
meve.jpg
この形以外ありえない。
八谷和彦氏すばらしい。よく解っていらっしゃる。
この形以外思いつきませんよ。というか
日本男児なら、この形一択でしょう!
常識的に考えて。
実際飛んでる姿見てすごく感動しました。
久石譲の音楽が聞こえてきました。

できれば15~17歳の少女に
青い服と飛行帽を着せて乗せたいですね。

当日はtwitterで
今 霧島なうwwとつぶやいて欲しいです

誤解がないように、
公式サイトより注意文を転載しておきます。

注:このプロジェクトは八谷和彦が、八谷個人の責任において
「実際に乗れる一人乗り飛行装置」を
開発・試作してみるプロジェクトであり、
c0029571_124891.jpg
既存のマンガ・アニメーション作品等とは一切関係ありません。
したがって、このプロジェクトにおいて
もしも事故等のトラブルがあった場合は、
その責務は全て八谷や当該プロジェクトメンバーが
負うべきものであることを明記しておきます。

Comment (0)Trackback (0)

頭叩いて尻叩かず。

2011/06/21(火) 03:51:55 日記 THEME:みんなに知ってもらいたい (ジャンル : 日記 EDIT
62d32d97.jpg
堀江貴文氏収監に関して。
非常に象徴的な出来事だなぁと思いました。

郵便局の障害者郵便制度を悪用したとして立件したけど
起訴に必死で証拠捏造しちゃいました事件とか

あと鹿児島の人は忘れていけない事件として
志布志事件がありますね
(wikiより-----ホテル経営者を署で取り調べ、
3日目の4月16日にはホテル経営者の父・義父(妻の父)
・孫の3名からのメッセージに見立てて
「お前をそんな息子に育てた覚えはない」
「こんな男に娘を嫁にやった覚えはない」
「早く正直なじいちゃんになって」と書いた紙を
ホテル経営者の座る椅子の前に置き、
警部補がホテル経営者の両脚を持って
それらの紙を強引に踏み付けさせる
踏み絵ならぬ「踏み字」を強要)

いずれも警察としてやってはいけないことなんですけど
この問題の根底にあるのは
「正義感」
があるように思えますね。


堀江氏の起訴に関しても
多分、「お金を転がして、真面目に働く国民を騙し、搾取する極悪人」
という認識でいったんじゃないかなぁと思います。

日本は法治国家ですが
その法というのも実は結構解釈の違いがありまして
そこの曖昧なところは過去の判例とか裁判長の判断で決めま。
判例を作るのは裁判長ですから
つまるところ
裁判長の判断がすごく重要なんです。

阿久根市の竹原信一元市長のブログとか見ますと
ちょっとその辺のシステムの怖さが見えます。
去年あんなに騒がれた元阿久根市長、
けれども実際の彼のブログを見た人は
どのくらいいるのかなぁ・・・。と思います。
確かにちょっと過激な行動が多かった気はしますが
私は実際、市長のブログを見る限り
テレビで報道される内容だけで判断するのは
非常に危険と思いました。

あの一連の裁判でテレビは
阿久根市長のやり口ばかり報道してましたけど
一番の問題点は
裁判所の判断にあったのではないかと思うのです。
あまり詳しくは言えませんが
法治国家であるところの日本国民ならば
「一度判例が作られると、それが今後の裁判の判断基準になる」
ということの恐ろしさを
認識しておいた方がいいのかと思います。

特にテレビメディアが一斉に
特定の人物を叩く風潮を怖く思います。
裁判官だって人間です。
法律の解釈を最終的に決めるのは
「正義感」である部分でもあるのです。

メディアが扇動し国民感情を盛り上げる状況下で、
裁判官の正義感に影響は無いでしょうか?

半年前までは小沢一郎がテレビで物凄く叩かれていました。
マスコミは「政治と金の問題」という
そもそも問題にもなりえないことを”問題”として
取り上げていました。
それ問題にしたら今の政治家全員起訴じゃん
と思った方も多いと思います。

個人的には小沢一郎嫌いです。
田中角栄の弟子だったり
中国ロビーストだったり
漁夫の利ばかり狙う行動とか。

でも、それでもテレビの叩き方は異常でした。
そこまで異常に叩くと逆に
「小沢が首相になると
  テレビメディアにとって都合の悪いことがあるのでは?」
と疑いたくもなります。

ぶっちゃけ、円高デフレ状態の日本では
管よりも小沢みたいな、公共投資推進派のほうが
ずっと良かったんですけどね・・・。
管総理は「政府支出を減らせば景気が良くなる」
という認識の経済の”け”の字も知らない
ぶっとんだ首相だったので・・・
(経済の基礎!デフレ時は金をばらまく!
   インフレ時は金をまきあげてバランスとる!)
それだったら、不正献金、癒着の塊だろうけど、
脱官僚、
記者クラブ廃止 論者
の小沢一郎のほうが十倍マシだったなと。
あぁ だからマスコミは小沢叩きに必死でしたか・・。
同じ売国奴にしたって、アメリカか中国かの選択ですし
でしたら、中国に近づくふりして
ちょっとこの辺で
アメリカを牽制しておくのも良いかなと思うのです。
最終的には日本は
インドやアフリカ、東南アジアの国々と大連合して
中国やアメリカのような自己中心国家と
距離を置いた方がよろしいかと考えます。

相撲の八百長問題にしたって、
「別に問題じゃないでしょ」と思うのです。
「別に問題じゃない」という意見が
あちこちの週刊誌、ネット、巷のヨタ話で出ているにもかかわらず
テレビでの扱いが小さいことに本当驚きました。
そういえば八百長の証拠メールを
義務でもないのにわざわざ
”文部省”に提供したのは警察でした。
なんでこんなおせっかいしたんですかね。
相撲協会を困らせたくて仕方ない連中がいるんじゃないですか?
と妄想しちゃいました。

振りかえって見ますとね、
日本(日本人)にとって良いこと、
たとえば内需拡大とか、デフレ解消とか円高解消とか
日本的慣習の保護とかしようとした人々が
どんどん検察に突き上げられているように見えるんです。
流れ的には
メディアが騒ぐ→問題点をすり替える→検察が動く→執拗に起訴→有罪
というパターンが多い気がします。

で、今回の堀江氏の収監騒ぎ、
テレビメディアは「モヒカンで登場」と銘打っていましたがね
「そこじゃないでしょ見るべき所は!」と突っ込んじゃいました
モヒカンはネタであって本質では無いのです。
efb42a70.jpg
「Tシャツ!Tシャツをよく見せて!あぁカメラに写ってない!」
とテレビに言っちゃいました。
84af5604.jpg
いやー恐ろしいですね印象操作というのは。
まるで堀江氏が「てんで反省してないアウトロー」みたいになってます。
すごい悪そうな顔の一瞬を切り抜いて 露骨な印象操作してます。
これがテレビのやり方ですね。


Tシャツには何が書いてあるのかと言いますと、
過去に粉飾決算した企業が書いてあるんです。
32471014.gif
その企業名の横には粉飾した金額が書いてあるんですが、
それらがライブドア(堀江氏の元会社)より圧倒的に大きいのです。
ライブドア 53に対して山一證券2700。。。。
なのに実刑を受けるのは堀江氏のみ!

その現実を訴えたくてテレビにでてきたのに!
モヒカンのせいで目立たない!
どこまでネタに走ってるんだ!
なんで横に2ちゃんねるの元管理人がいるんだ!

と突っ込みどころ満載なテレビ中継でした。

今回の堀江氏収監、
正義感に燃える検察と
買収騒ぎの復讐に燃えるメディアと
証券市場の新参者を嫌う方々、
そしてこのあたりで判例を作っておきたい裁判長と
利害が一致した見事な事例です。









Comment (0)Trackback (0)

今時3つロイド文化論

2011/06/18(土) 02:15:23 妄想 THEME:ひろがる萌え文化 (ジャンル : サブカル EDIT
milo03.jpg
最近流行の3つの”ロイド”を通して
ネット文化、オタク文化を論じてみたいと思います。


ボーカロイド
vocaloid-editer.jpg

ボーカロイドの元はヤマハ音楽のDTM技術であります。
ボーカロイド2として”初音ミク”は作られました。
何でもない音声合成ソフトウェアのパッケージに
初音ミクというキャラクターが描かれました。
それがネット上でアイドルとして発展しました。

物体や事象にキャラクター(人格)を
付加するという文化、
いわゆる”見立ての文化”が日本民族にはあります。
長年愛用したものに精霊が宿る
 という付喪神という考え方。
犬が人間になって現れる
「里見八犬伝」が良い例です。

それがボーカロイドソフトウェアに重なったとき、
初音ミクは人格(キャラクター)を持ち、
”ソフトウェア”であると同時に
”アイドル”になりました。

虚構であるが故に強力なアイドルであります。

文芸誌”ユリイカ”でもそのブームの総評が行われ、
テレビでも時々初音ミクの声を聞くようになりました。

このヒットの広がりには、
web2.0という、高速通信環境から生まれた
動画サイトの普及、ソーシャルネットワーク
の発展が素地となりました。

初音ミクの歌う歌は動画投稿サイトに載り、
刺激を受けた人々によって絵や動画がつけられ
それは瞬時に世界中の人に公開されます。
刺激は刺激を生み、
さらに人間が歌ってみたり、
メジャーデビューする人もでました。

2000年代の日本だからこそ生まれた、
この時代の日本で生まれるべくして
生まれたアイドルといえます。
初音ミクのヒットは消して偶然ではなく、
まして奇跡でもありません。
実に地盤を固めて登場した”必然”であります。


アンドロイド
hd_android_logo.jpg
以前はOSといえばindowsかMacで
たまにリナックスというイメージでしたが
そこに突然”アンドロイド”という
第3勢力がでてきて、急拡大しています。

アンドロイドの多くは
スマートホンもしくはタブレットという、
携帯電話でもパソコンでもない端末の
OSとして標準搭載され、
旧来のソフト(OS)はもちろんのこと
ハード(携帯電話、パソコン)
のあり方をも変えています。
一度は廃れたタッチパネル端末の復活です。
これが本当の"指キタス"かもしれません。

アンドロイドを
無償のオープンソースのOSとして提供した
Googleのおかげで比較的
搭載機器の値段が下げられるのも
大きな発展要因です。

アンドロイドは情報の保存場所を
それぞれの機器ではなく
ネットワーク上に置くことを前提としており
違う機器同士での
情報の共有、同期を勧めています。
起動時にGoogleアカウントでログイン
するというシステムは、
OS単位での同期を容易にしました。
情報のクラウド化により
個別の機器におけるHDDの容量は重視されなくなり、
通信速度や、各ファイル形式への対応が
重視されるようになりました。

その理論を人の能力に当て嵌めますと、
これからの人間に求められるのは
”個人が持つ知識の量”ではなく
”的確な情報を検索する能力”かもしれません。


ねんどろいど
01s.jpg
上記2つがソフト(プログラム)なのに比べて
こちらはハード(物体)です。

”ねんどろいど”は
グッドスマイルカンパニーの
販売する二頭身フィギアです。
現代日本フィギア文化を説明するのに最適です。

そのために まずは”海洋堂”と
2003年あたりの"食玩(おもちゃ付菓子)ブーム"
について触れておく必要があります。

海洋堂進出以前の食玩,フィギアは
造形が雑、ディティールが雑でした。
大量生産で安く作るわけですから
当然といえば当然です。

もし、高品質なフィギアや模型が欲しいならば
自分で模型を作るか、
誰かが作った模型を買うしかない状態でした。

そこにガレージキットメーカー、
いわゆるプラモデルマニアの集団である”海洋堂”が
なんと食玩で、おもちゃ
らしからぬ超絶造形、ディティールの
食玩(オモチャ付お菓子)を次々に発売しました。
チョコQというお菓子での海洋生物シリーズ、
”ワールドタンクミュージアム”などなどです。
images679003.jpg
images679005.jpg
それまでオモチャレベルで満足していた人々に対して
プラモデラー達(海洋堂)が本気で
「そんなレベルの造形で満足してんじゃねぇ」
と安い価格とお菓子付で送りだしました。
海洋堂の食玩は
一般大衆に衝撃を与え、いわゆる
”食玩ブーム”を巻き起こしました。
コンビニにたくさんのおもちゃ付きお菓子が並び
購買層は殆どが大人でした。

その後フルタやタカラトミー
などのオモチャメーカーが
海洋堂フィギアを劣化させたような食玩
(それでも、それまでの
     食玩と比べれば良品質でしたが)
をいっぱいだしたことで
食玩バブルははじけたのですが
良品質なフィギアを安くで
大量生産できるシステム
(中国での大規模完全分業体制)
は日本の量産されるフィギアのレベルを
数段階上に引き上げたのです。

ともかく 海洋堂の
チョコQシリーズが出る前と後で
日本のフィギアのレベルが全く違うのです。
またユーザーの目も肥えました。

そして最近のフィギア事情として
”同一規格&同一テイストフィギアの流行”があります。

私の記憶ですと最初は
プラモデル用品で有名なMr.Hobbyの
”ピンキーストリート”
というシリーズだと思います。
ピンキーストリートシリーズは
同じような等身、風味でデザインされ
フィギアの各パーツのジョイントサイズが共通化されており、
フィギュアどうしのパーツの交換が可能なフィギアです。

いろんなアニメのキャラが同じ風味でデフォルメされているので
集めても楽しいですし、パーツ交換しても楽しいシリーズです。
以降、そういった趣旨のフィギアが続々出てきました。
キューブリック、ベアブリックシリーズとかも有名です。
cublic.jpg
ねんどろいどもそういった
”同一テイストフィギア”の一種で
いろんな作品のキャラクターが
2等身ほどに丸っこくデフォルメされています。
さらに海洋堂(またまた登場)の
”リボルテックシリーズ”のような
ジョイント(繋ぎパーツ)が採用されており、
多少のポーズの変更もできます。

高品質フィギアの大量生産と横断的なデフォルメ。
それの集大成が”ねんどろいど”シリーズといえます。


総括
以上、3つの”ロイド”を見てきましたが
共通して言えることは
それまでマニアな人たちが
内輪で楽しんでいた趣向や技術が
一般化したといえることです。

DTM技術、Wi-Fi端末、高品質フィギアは元々は
一部マニアのものでした。
それがインターネットの普及で
いわゆるライトな層(オタク趣味に没頭しない層)
にまで広がったといえます。

広がった分薄くなった。
という意見もあると思いますが、
模型オタクの自分の特論は
「文化の発展には広い裾野が必要」であります。
裾野が広がれば、自然と”濃い奴ら”がでてくる。
高い頂に上る天才が現れる。はず。
私はそれが楽しみです。

90年代の迫害されたオタク、マニア達の
「自分たちはこんな素晴らしい(独自)
     ものを作っているんだ、愛してるのだ!
     お前ら一般人(笑)が弄んでいるような
          ヌルイ物とは違うのだ!」
という一種の被害者意識とか反骨精神からくる
布教、侵略活動は
ネットの普及(動画サイトの普及)で大いに加速し
簡単に完遂されてしまいました。

私は今の中高生がボーカロイドの曲を
日常的に聞いてる姿に本当に驚いています。
オタクが一般化しちゃったよ!どうすればいいんだ!?
という変な心配をしています。
そもそも考えてみれば
今のネット文化の中心を作ったのが
90年代のオタクどもだから仕方ないですね・・。

「侵略が完了しちゃった・・・。」
という妙な空虚感はありますが
(昔のオタクは迫害されることで
    一種の連帯感があったと思う)
多少、マニアックな話などしても
受け入れられる世の中も良いもんですな。
3つの”ロイド”はオタク文化への偏見を
良い意味で崩壊させてくれました。


Comment (0)Trackback (0)

コレジャナイロボ的な文化理解

2011/06/15(水) 01:38:02 未分類 EDIT
トヨタが車買え買えソングをつくったようです・・・。
toyotameisou.jpg
トヨタ公式サイト
勘違いした萌え路線は不気味
ということを証明するには素晴らしい教材です。
というか極度に商業意図を前面に出しすぎて哀れでさえあります。
なんか新興宗教団体ぽくて怖いです。
すごく薄っぺらで、思いつきだけでやっちまった感がスゴイ・・。

ニコニコ動画あたりで
MAD動画の素材になるのが目に見えてます・・。
公式サイトでページに飛んだとたん再生される仕様

Comment (0)Trackback (0)

とてもよく解る現代経済状況

2011/06/13(月) 02:52:13 未分類 EDIT
動画貼り付けですみません。
三橋貴明氏の『マスコミに騙されない、経済の読み方 』
という動画がすごく素晴らしかったので宣伝。
どう素晴らしいのかといいますと
とても解りやすい。説得力があります。
そして私の思想(考え方)に近いです。
もう一度マクロ経済学について勉強しなおそうかな・・。









Comment (0)Trackback (0)

記憶喪失で不治の病気で交通事故で

2011/06/13(月) 02:34:13 妄想 EDIT
なんのことかと言いますと
恋愛ドラマのパターンといいますか
ものすごく高い確率で
記憶喪失になるんですね。
んでもって幸せの絶頂期になると
不治の病気にかかるか交通事故にあってしまう。

パソコンゲーム原作のアニメで
CLANNADとかAIRは一般的に「泣きゲー」
と呼ばれるものですが、これらの作品を見たとき
ものすごい既視感がありました。

その既視感というのが
子供のころに見た90年代のドラマでございまして
上記2作品が
「聖者の行進」「星の金貨」といった
ドラマの展開に似ているものを感じました。

アニメやドラマ、漫画小説映画という
”形式”を超えて”作品”という目線を持てば
昔のドラマの中にも今のアニメに負けない
素晴らしさがありますし、
最近のアニメでも、
実写化に耐えれるシナリオがあると思います。

いわゆる泣かせるシナリオというのは
「不治の病」とか「記憶喪失(思いでの死)」とか
どうにもならない悲運があらかじめ
用意されていることが多いのです。
その点、韓国恋愛ドラマは
昔の日本のドラマをモデルにしているだけあって
記憶喪失、不治の病気、
交通事故率がすごく高いです。

ともかく恋愛ドラマというのは
ヒロインの病弱率が異常に高いのです。

AIRというアニメは最後にヒロインは
「もうゴールしていいよね」
といって亡くなります。
夏の強い日差しと命の儚さの
コントラストが見事に描かれている作品です。

そのヒロインの声優さんが
先日亡くなられました。
享年41歳でした。
ご冥福をお祈りいたします。
今、このアニメの主題歌を聴くと
さらに寂寥感が感じます。

Comment (0)Trackback (0)

ちゃぶ台返しの経済的損失

2011/06/11(土) 05:34:28 未分類 EDIT
笹峯 愛というNHK
によくでるタレントさんがいます。

ニコニコ動画で卵かけご飯の製作に失敗する
動画が投稿され、
『これはひどい』
『TKG(たまごかけごはん)』
の名言を残しました。

彼女は鹿児島県出身で
よく自分の父親が根っからの
鹿児島男児であることなどを話していました。

BSマンが夜話という番組内では
「マンガやアニメでちゃぶ台返しを見るが
実際のちゃぶ台返しはあんなものではない。
もっと壮絶で悲惨なものです。
自分の父親がちゃぶ台返しをする人なので解ります。」
というようなことを語っていました。
(誤解を招かないように言いますと、鹿児島は
 男性の粗暴さに対して少し寛容な風土がある
 かもしれませんが、ちゃぶ台を返す人はごく少数です)

考えてみれば確かにそうで
巨人の星で星一徹がちゃぶ台を返すシーンは
カメラが一徹よりで
ちゃぶ台返しのもたらす惨状が
充分に描かれていない感じがします。

円形で軽量なるちゃぶ台に
所狭しと並べられた、ごはん、みそ汁
醤油、お茶、酒、箸やつまようじなどが
一斉に放出されるわけです。
それらが危険な飛翔体となり、
家族や家具にもたらす被害は計り知れません。
家具は破壊され
家族はヤケドし、
畳や襖には一生消えない汚れが付きます。
「怒るにしたってもっとマシな怒りの表現があるだろう?」
とか
「食べ物を粗末にしといて何説教してんだ?」
と逆切れしたくなる行為でもあります。

そんなちゃぶ台返しも
大型テーブルの普及、食の欧米化、
亭主関白の減少でめっきり聞かなくなりました。

ちゃぶ台という昭和の一時期に登場した、
ひっくり返すにもっとも適した台と
座ってから立ち上がると同時に手を振り上げることで
2m以上の高低差を実現した脅威の破壊力。
それを行う胆力。ヒンシュクに耐える覚悟。
それらが重なって初めて行われる
超必殺技、それがちゃぶ台返しなのです。
Comment (0)Trackback (0)

情報WAVE鹿児島、佐藤大輔氏の投稿が気になる件

2011/06/10(金) 23:54:29 未分類 EDIT
ローカルニュース番組、
情報WAVE鹿児島のお便りコーナー
に新たな動きがありました
最近目にする佐藤大輔という者の投稿、
(もちろん私ではない)

テーマ『好きな楽器』
佐藤大輔氏「エアギター、エアドラム」
(楽器じゃないです)

テーマ『好きな時間』
佐藤大輔『リーゼントの似合うタクシー
     ドライバーと帰途に就くこと』
    (絶対何かのネタです。
     しかも読み上げられて失笑を買っていました)

投稿がイチイチ ネタを押さえていて
しかも小林源文のマンガネタと思われる投稿が多い。
要注意人物です。
私も対抗して中村正徳というネームで
この公共大喜利コーナーに挑む所存です。
Comment (0)Trackback (0)

150粍榴弾砲放浪記

2011/06/09(木) 19:36:02 趣味 EDIT
先日『フィンランド軍入門』
という本を読んでいましたら
奇妙な運命を辿った大砲の話が面白かったので
紹介しておきます。

『中でもおもしろいのが
日露戦争(1905年)の際に日本が制作した150mm榴弾砲である。
この砲はドイツのクルップ社のライセンスを得て
製造したものだが、結局、日露戦争には間に合わず
戦後、余剰兵器として帝政ロシアに売却された。
そしてロシア白衛軍が使っていたが、
ロシア赤軍に奪われて、1918年フィンランドに持ち込まれた。
ここではフィンランドが勝ち、この砲を12門捕獲した。
フィンランド軍はこの大砲を150mm榴弾砲14J型と命名し、
第二重砲大隊を編成、冬戦争に投入した。
しかし、大隊はソ連軍戦車隊の奇襲を受け、11門が捕獲され
残った1門も戦闘で失われた。
やがて継続戦争が始まり、フィンランドは再びこの砲を1門
ベルクヤルヴィでソ連軍から奪い返し、
その後さらに1門をペトロザボーツクで奪還
その後はさすがに実践では使わず、
現在は砲兵博物館に展示されている』

といった内容のものです。
ドイツ人設計の日本製の大砲が、ロシア西部で
いったりきたりしているという奇妙な話です。


Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。