黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

2011年05月 の記事一覧

xoomを買ってみた

2011/05/29(日) 18:47:31 趣味 THEME:タブレットPC (ジャンル : コンピュータ EDIT
世にあふれるタブレットPC,
携帯電話に取って代わるであろうスマートフォン、
数あるandroid端末がある中で
私はついにxoomというものを買ってしまいました。
DSCN1567.jpg
DSCN1571.jpg
DSCF0014.jpg
DSCN1600.jpg

最初「クソーム」と呼んでいましたが
とんでもない間違いで
正確には「ズーム」と呼ぶらしいです。

買った理由はただ一つ、
「これだけ画面が大きければ
  タッチパネルキーボードも快適だろうね」
という事だけでした。
私はどうしても小さい画面のタッチが苦手なのです。

これは携帯電話会社、auから発売されているのですが
携帯電話機能はありません。
無線LAN搭載でインターネットとつながるので、
”タブレットPC”という認識で良いかと思います。
無線LAN対応というか、無線LANがないと使い物にならないので
ご注意ください。

幸い、家には、今年の4月から光ケーブルが通り、
それに合わせて無線LANを構築していましたので
届いてすぐに無線でネットとつながりました。

使ってみた感想ですが、これは快適。
もっと早く買えば良かったと思いました。
これでアンドロイドに慣れてから、
携帯電話もアンドロイドに変えたら
スムーズに使いこなせそうです。

ただ一つ思うのは、やはり
ある程度パソコンが必要と言いますか、
パソコンに取って代わる・・・
とまではいかないだろうなということです。

確かに情報の閲覧や収集には便利なのですが
メディアの編集がまだやりにくい感じがします。
それはズバリスペックの問題で
コア2の”スゴイCPU”を積んでいるという評判ですが
パソコンと比べるとまだまだ非力で
たとえば1080×1920ピクセル以上の動画を再生すると
頻繁にカクつきますし、形式がmp4やmkv,TSとなりますと
再生できないものも多くなります。
ちなみに私のコアi3のノートパソコンならば
快適に再生できるのです。
これが現在の、
この大きさで5万前後で発売できる
タブレットPCの限界なのでしょう。

逆に言えば、
「パソコンでやることといえばネット閲覧と音楽鑑賞くらいだ」
という人にはパソコンにとってかわる情報端末になります。
そういう意味では、ライトユーザー向けといえるかもしれません。

話は変わりますが、
アンドロイドの今後の普及について考えてみます。

これはアンドロイド端末のコンセプトの問題なのですが
”自分で必要なソフト(アプリ)を探してインストール
しなければならない。”
というのがありまして、このシステムが
今までネットや、パソコンに触れてなかった人々に
受け入れられるかどうかが最大の難問だと思います。
そう考えるとこれからは
”情報端末アドバーザー”とでも言うべき、
買った機械(パソコン、携帯、アンドロイド端末)に
必要なソフトをインストール、ネット環境の構築、
そして使い方の説明(アフターフォロー)までをする、
アドバイザーが、職業として成立するのかもしれないと
感じました。

情報端末は身近になりましたが
その選択やカスタマイズの”自由さ”が
情報端末の不慣れな人々への”壁”を高くしているなぁと
思った次第でございます。
究極的に言えば、電話やテレビ
レベルにまでインターフェイス簡単にしないと
社会に浸透しないのではないかと思うのです。

nanzokore.jpg
スポンサーサイト
Comment (2)Trackback (0)

新生お土産屋さん! "歩" オープン

2011/05/27(金) 02:14:54 未分類 EDIT
硫黄島の港のおみやげ屋さんが
リニューアルしました。

私も風景写真集や絵葉書を置かせてもらってます。

ちょっと宣伝!

硫黄島物産店 歩 ホームページ

Comment (0)Trackback (0)

【ストパン】坂本少佐の超々初等飛練教程 第一話【IL-2

2011/05/10(火) 03:58:31 未分類 EDIT



この動画投稿した人のフライトシュミレータや編集技術
凄いと思います。
特に第三話はすごい迫力ある映像に仕上がってます。
機体が痛機なのに、カッコよすぎる・・・。
零戦が増槽を切り離して、
逆落としに敵機に突っ込むシーンが素晴らしいです。
再生数が少ないのが勿体ないです。もっと評価されるべき!

Comment (0)Trackback (0)

新宿の上空でUFOの大群 2011年5月8日

2011/05/10(火) 03:07:20 未分類 EDIT
Comment (3)Trackback (0)

黒島に飛来した阿部少尉機について。私の愚見。

2011/05/09(月) 18:41:35 妄想 THEME:ひとりごとのようなもの (ジャンル : 日記 EDIT
前の記事で紹介しました
『二度死んだ特攻兵 安部正也少尉の魂
 : 福島 昂 著』
という本について
黒島に物資を投下した阿部少尉機に関して、
私は一つの可能性として
"物資を投下した機体は特攻に行ってない"
かもしれないと直感的に思いました。

これは非常に苛烈な問題です。
”特別攻撃”という意味の持つ特異性、
戦前と戦後のイデオロギー
事実と物語に関わる苛烈な問題であるために
私がこういう事を言うのは大変烏滸がましいことであります。
そういう苛烈さに飛び込む覚悟の無い私が
こういう可能性を示すこと自体が間違っていますが、
今は勇気をもって一つの意見を示したいと思います。
気分を害さる方もいるかもしれませんが
私はどうしても阿部少尉が天寿を全うできた
可能性を排除できないのです。
これは私の中でも疑問なので、
一つの可能性として示しておきます。

以下にその論拠2点を書きます。

・5月4日に基地に入った阿部少尉が5月5日に出撃したとなると
特攻する機体の割り当てや出撃部隊編成を1日で行ったことになる。
当時の規律に厳しい軍隊でそれは可能か?
 
・重い爆弾を積んだ特攻機で島の集落を低空で旋回、
物資投下をすることはかなり危険ではないか?

という2点がどうしても疑問に残る点です。

島に物資投下に来た航空機はもしかしたら
司令部が阿部少尉の意見を聞いて急遽飛ばした
特別機である可能性もあると思うのです。
そうなれば、阿部少尉は5月5日に出撃していない
という可能性もでてくるのです。
可能性は低いですが、、、。

しかし、物資投下に来た航空機が
阿部少尉の不時着地点あたりや、
島の集落を低空飛行して見せたとあれば
阿部少尉搭乗の機体である可能性が高く、
そのまま沖縄に向かったのも十分考えられます。
いや、こちらの方がありえます。

上記 本の著者も書いていますが
ある程度のところまでしか解りません。
記録が残っていないのです。

戦後66年たった今では
人々の記憶も どうしても薄れてしまいます。

いづれにしましても、阿部少尉が
自分の命を投げ打って、火傷に苦しむ同胞や
島の人達をすくったのは紛れもない事実であり
この物語は長く語り継いでいかねばならない
と思います。

仲間と島と日本を救わんとした多くの英霊たちの
魂の靖らかなることを願います。
Comment (0)Trackback (0)

アマゾンの誤植で涼宮ハルヒの新刊紹介がエライことに!~黒島椿の驚愕~

2011/05/09(月) 04:47:01 未分類 EDIT
小説、涼宮ハルヒシリーズの新刊、

が5月に発売されるということで
さっそくamazonで予約しましたら
(いちおう全巻揃えてますし、
  島では送料無料のamazonは助かります)
ブックレビューがちょっと変でした。
以下amazonより
(今は修正されているため異常なし)
------------------------------------------------

http://www.amazon.co.jp/dp/4044292108/

[ご注意ください]
大変お待たせ致しました。待望の「涼宮ハルヒの驚愕」が
総計600ページにせまる大作となって2冊同時&世界同時発売となります!
さらに日本では(前)(後)巻に特製小冊子をつけた初回限定版をご用意!
この特別限定初回版、今を逃さず、予約をお願いいたします!

<初回限定版内容>
1:「涼宮ハルヒの驚愕」(前)
2:「涼宮ハルヒの驚愕」(後)
3: 64ページオールカラー特製小冊子
 谷川流・いとうのいぢ完全協力!いとうのいぢ描き下ろしイラストなど、
 ここでしか手に入らない豪華内容!
※商品のデザイン・仕様は変更になる可能性があります。

前後1冊づつ発売の通常版角川スニーカー文庫
「涼宮ハルヒの驚愕」(前)(後)各580円(税込)
    は、2011年6月15日発売予定です。
特製小冊子は、初回限定版のみの特典です。

内容紹介
出撃した安部は黒島に不時着。
そこでは、先に不時着した瀕死の兵が島民の介抱を受けていた。
安部は再び出撃。島に医療品を投下し敵艦へ。
著者は安部の遺品を受け継ぐ縁から取材を開始。
特攻とは何かを問う問題作。
------------------------------------------------
この紹介文の最後5行が、なんか違う。
あきらかに『ハルヒ』シリーズではない。

しかも 黒島だって!めっちゃ地元じゃないか!
この話知ってるぞ!
私が中学生のとき『一億人の昭和史』という本で
小さな記事を見つけて以来、
ずっと気になっていた
或る特攻兵の話ですから!
どういうことだこれは!
ウイルスか!俺への嫌がらせなのか!
これじゃあ"涼宮ハルヒ"じゃなくて
『黒島椿の驚愕』ですよ。



と思ったら、ウイルスでも無いらしく
他の方も同じく困惑し
amazenのクチコミにも困惑の声
特攻とは何かを問う問題作?
某掲示板では
【驚愕】ハルヒ新作のあらすじ公開、特攻がテーマの物語 | どっと2ちゃんねる
というスレが立っていました。

ぎゃああ。。これは酷い。

なんでよりによってハルヒに特攻兵の本が・・・
しかも黒島関連・・・、

ともかくamazonに修正依頼をしました。
現在は正常になっています。

と思っていましたら
5月7日に行われました黒島 特攻慰霊祭に行っていた父が
今回のハプニングの本来の本、
Amazon.co.jp: 二度死んだ特攻兵 安部正也少尉の魂: 福島 昂: 本
を持ってきてくれました。
しかも著者のサイン入り!
DSCN1591.jpg
fewq.jpg
おお!
なんという奇遇!
ちょっと怖いぐらいの偶然じゃぁないですか!
2度目の『黒島椿の驚愕』ですよ!

地域の公民館に置かれるみたいです。
とても よく取材されて丁寧に書かれており
私は一気に読み終えました。
中学生のときから気になっていた
黒島での出来事がこれで一つの話として
決着できたことに感謝です。
同じくこの出来事を調べていた方にも
メールで連絡しました。
戦後66年、忘れてはいけないことはあまりにも多いのです

おすすめの一冊です。

Comment (0)Trackback (0)

みしまdeネット 速度計測。

2011/05/08(日) 18:28:10 未分類 THEME:PC周辺機器 (ジャンル : コンピュータ EDIT
鹿児島県は三島村にもついにネットが通りまして
1ヵ月あまりになります。
ブロードバンド環境ということで以前も紹介しましたが
今回はより細かく通信環境などを説明。

まずプロバイダはmincという会社です。
聞いたことないISPですが、規約を見ますと
かなり自由で、通信料の制限などもないようです。
フレッツ光やyahooBBは様々なサービスが魅力ですが
その分、通信量に制限がある場合もあります.
人によって好みが別れるところでしょう。

私にとっては、サービスが少ない分、
自由度の高いmincはとても魅力的です。
futabaaa.jpg
某掲示板に投稿すると
なぜか表示がnttpcになります。
プロバイダはnttの関連?

それでは速度テスト。
ノートパソコン
Think Pad EDGE11 を使用
OSはwindows7 pro

モデムをルーター(BUFFALO WZR-HP-G302H )
に接続。
計測サイトはBNR スピードテスト(回線速度/通信速度 測定ページ)

まずは有線LANでの速度。
DSCN1594.jpg
lan0d.jpg
lan0u.jpg
速度は赤い字で表示されています。
上が下り(ダウンロード)速度
下が上り(アップロード)速度です。
下りは一秒当たり約22MBでています。
上りはその1/3といったところです。
時間帯によって結構 差 がありますが
これが最高速度のようです。



次に2m(無線LANルータ直下)でのテスト
2md.jpg
2mu.jpg



家から5mの野外ででテスト
DSCN1583.jpg
10md.jpg
10mu.jpg



野外、40mでテスト
DSCN1585.jpg
50md.jpg
50mu.jpg



野外、80mでテスト
DSCN1587.jpg

10md.jpg
10mu.jpg

意外と無線でも、有線と変わらないぐらい速いです。
また100mくらい離れても普通に使えそうです。
家庭用無線LANルーターでも結構高性能ですね。
小さな集落ですから
ちょっと背の高い建築物5建ほどに設置すれば
島中公共無線LAN環境の構築もできそうです。

Windows XPの起動時の長いディスクアクセスは、Windows Updateの履歴が溜まりすぎていたせいだった?! - 全力HP

無線LANが不安定な原因「チャンネル干渉」を調べるのに役立つフリーソフト「inSSIDer」 - GIGAZINE

netニュースTOPIC



Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る