黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

プラモデル

カテゴリ:プラモデル の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

初代ガンプラの青色談義

2013/12/29(日) 21:24:15 プラモデル THEME:模型・プラモデル (ジャンル : 趣味・実用 EDIT
先日よく訪れるニコニコ生放送にて
ガンダムプラモデル(ガンプラ)の
初代ガンダムの青色についての話題で盛り上がり
ちょっと興味深かったので書き留めておきたいと思います

そこのコミュニティの生主 H 氏(1969年生まれ)によれば
ガンプラの青は”コバルトブルー”で指定されており、
子供のころはコバルトブルーの塗料だけは持っていたそうです。

しかしそこで同世代 U 氏が
「いやいやガンプラの色指定は”インディブルー”でしたよ」
といったもんだからH氏はびっくりとなったわけです。
「じゃあなんで俺はコバルトブルーをもっていた!?」
となったわけです。

そこでネットを検索して調べてみますと、最初にみつかった画像では
確かに色指定はインディブルー!
a5b07a8ca650d1871bd8134d4bf849f7.jpg287a8b57d652a7faa7369adeec3bc342.jpg
U氏の言ったことが正解!
ではなぜH氏はコバルトブルーをもっていた!?
さらにH氏が師匠と呼んでいるO氏も
「ガンプラの色としてコバルトブルーもってました」
というものだからさらに謎が深まるばかり・・

「ズゴックの色指定の間違いでは?」
「そもそも記憶違い?」
H氏の記憶障害疑惑が深まったところで
もうひとつの画像が発見されました。
それがこれです!
gumdam-gumdam-144-o.jpg
同じ最初の1/144ガンダムのプラモデルの説明書!
けれどもちょっと内容が変わっていました。
そこには色指定が”ブルー③”となっており
さらにブルー③の作り方が”コバルトブルー70%+スカイブルー30%”
となっていました。

なるほど子供のころのH氏やO氏はこのタイプの説明書を見て
コバルトブルーを買っていたわけです。
ようやく記憶障害疑惑から開放されたO氏。
一件落着です。

時期によって説明書の色指定が変わったことがあったんですね。
(どちらが古いタイプかは判りませんが)
それが30年以上たって二人の男の謎記憶になり
つじつまの不一致を生んでしまったのです。


蓋をあけてみれば両者の記憶は正確で
ガンダムの青はインディブルーであり、
コバルト+スカイブルーでもあったのです
ネットがない時代だからこそ生まれた齟齬が
ネットによって解決しました!
これぞ○○シンクタンク!?
めでたしめでたし
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。