黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

妄想

カテゴリ:妄想 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ガールズ&パンツァー劇場版に狂って自粛を突破するための萌を考察

2016/03/27(日) 14:08:10 妄想 EDIT
戦後の日本では、
戦闘のカタルシスや英雄が描かれることが少ない。

ガールズ&パンツァー劇場版は素晴らしかった。
もう5回みた。
最初の2回は東京まで遠征して
立川の爆音上映を見て震えてきたほどだ。
ポルシェティーガーの絵を見たのは
宮崎駿の雑想ノート以来だ。
しかもめっちゃ動いている。
あれは絶対宮崎駿へのサプライズだ。

ガルパンの半年ほど前に公開された
マッドマックス 怒りのデスロードもよかった
私が一番感動したのは、序盤にウォーボーイズが
自ら名乗りをあげて自爆攻撃するところだ。
こんなの、この時期にアメリカ映画でやるなんて
空気読めないどころではないが、
しかし実際公開してしまうのがアメリカの素晴らしいところだと思う。

戦って死ぬ事を誇りとする男たちに感動した。
洗脳されているとか人権が無いとか言われるだろうが
この精神の揺さぶりは否定できない。

話を戻す
私はなぜガールズ&パンツァーを面白いと思ったのか?
はっきりいってキャラクターなんてびっくりするほどテンプレだ。
おしとやかキャラ、恋愛脳キャラ、オタクキャラ、
低血圧キャラ、そして地味だけど情に厚い主人公。
もうこれ以上ないほどよくある配置。
アメリカ風高校チームはノウテンキキャラだし
イギリス風高校はひたすら紅茶飲んでる。
ここまでやるかというくらい。

ストーリーなんて王道スポ根ドラマだ。
王道って書けばまだ響は良いが、いわゆる陳腐な話。
強豪校で挫折した主人公が、無名校で救世主的に活躍する。
がるぱんおじさんならば元ネタは大体わかっているはずだ。

ではしつこいが
私はなぜガールズ&パンツァーを面白いと思ったのか?
それは
兵器大暴れのカタルシス、
砲撃!機械音!のオンパレードだからだ。


戦後の日本戦争映画や
ベトナム戦争後のアメリカ戦争映画は
戦闘の悲惨さ、人間の精神の極限状態、
平和の大切さを描いているものが多い。

特に日本のはその傾向が大きい。
それはとてもいいことだけど
でも
あまりにもそういうのばかりだった。
もうお腹いっぱいだった。
戦闘の悲惨さなんて実際に体験しないと
身にしみないとは思うけど・・・

戦闘は悲惨だ
戦闘は野蛮だ

そういう戦争映画ばっかりだった。

人間性を疑われるから口に出していえないけど
私の本音は
「武器への快楽、兵器のかっこよさ、砲撃銃撃のカタルシス、」
を描いた映像が見たいと思っていた。

こういうことを大の大人が言ってはいけないとわかっているが
できれば第二次世界大戦の兵器(実際に使われまくったもの)で
バンバン撃ち合いする映像をある程度の高品質で見たかった。

私たちだって動物であり、闘争本能に燃えるオスなのだ。
戦いの中でカタルシスを感じる幼稚な精神もあるのだ。

そういう欲求不満を感じていた私の前に突如現れたのが
戦闘の悲惨さ、平和の大切さ、
人間の死を徹底的に省いた戦闘映像、
ガールズ&パンツァーである。
面白くないはずがない。

まるでジャンクフードだ。
ケチャップ、マスタードたっぶりのハンバーガーだが
何故かうまい。一度食べたらくせになる。
気持ちいいところを集中的に刺激してくれる。

だから個人的にはキャラクターは小林源文の男キャラでいいし
ストーリーなんてなくってもよかった。

でも世間的には
ガールズ&パンツァーは美少女が戦車に乗る必要があった。
戦車は高校の部活動の道具で
しかも人が死なないカーボンで守られている必要があった。

この世間的なものこそが
戦後日本の自主規制であり自粛ムード
だと思う。

規制が法律ではなく
あくまで空気(所謂自主規制、自粛)で
しかもその結果が美少女であり萌であるというのが
実に日本らしいところである。

クールジャパンなんて言えば響はかっこいいけど
あれは抑圧と欲求不満の噴出物であって
性癖を世界中に暴露するみたいなものなので
政府が公式にやるのはぜひやめてほしいと
”個人的には”思ってる。

戦後アメリカは日本の教育を”改善”して
平和教育(WGIP)、憲法改正要求、兵器開発の規制なんてやって
さらに空気読める日本人はグロさいっぱいの戦争博物館、
フィクションまで入れて悲惨さを描いた戦争小説、映画をつくってきた。

「戦闘を描くときは必ず悲惨さも描かないといけない」
とはアメリカは明確に規制をしてきているわけではないので
日本の世論というか、世間の雰囲気であるかもしれない。

じゃあどこで戦闘のカタルシスや兵器のかっこよさを描けばいいのか?
映画やドラマでやったら絶対に批判殺到必至である。

その結果、萌アニメの中でそれを描くしかなくなった。
萌があれば世間が
「萌アニメだから見てるんだろ?」
と解釈してくれる。
まさか真っ当に兵器や戦闘にカタルシスを感じてるとは思うまい。
(あくまで個人的な意見です)

独裁国家の中で体制批判の映画を
コメディ映画と言い張る事で
公開に漕ぎつけるように
(日本はそんなに深刻では無いが)
日本の一部の人たちはうすうす気付き始めた、
”萌”ならば戦後日本の自主規制を突破できる!と

ガールズ&パンツァー劇場版の
最後の戦車戦のシーンは、
なんとキャラクターの声はほとんど入っていない。
実は”萌”が排除されている。
ここでついに萌アニメの仮面を外してしまった。
純粋な大迫力の戦車戦になっている。

実車の何倍も機動力があるとか
人間が衝撃に耐えられないとか
そういう細かい突っ込みはどうでもいい!
戦闘のカタルシスを感じる映像になっている。

もう涙出るほど感動した。

以上、宮崎駿が激怒するような文章でした。
スポンサーサイト
Comment (1)Trackback (0)

増税したくて大本営発表

2014/08/13(水) 20:30:36 妄想 EDIT
GDP 年率-6.8% 震災以来の落ち込み
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140813/k10013770851000.html

内需を拡大しなきゃいけないときに
内需を冷え込ませる消費増税をし、
それで財政均衡に充てるのかと思えば
法人税や投資家という金持ちに減税。
使い古されたトリクルダウン(大企業が儲かれば庶民に利益は行き渡るという)理論
いいかげん詭弁だと気付いてほしいものです。

結果あまりにも逆方向な経済政策が功を奏して
見事、大震災並の落ち込みを記録いたしました。

権門上に傲れども
国を憂うる誠なし
財閥富を誇れども
社稷を思う心なし
(昭和維新の歌より)

しかし恐ろしいのは
あきらかな失策にもかかわらず
次の更なる失策、
”2015年10月の消費増税”
に向けて大本営発表を繰り返す政府やジャーナリストです。

消費増税の影響で経済が冷え込んだ
と認めてしまえば次の増税ができないから
嘘の情報認識を持ち出して
負けてない負けてないと言っているようにしか思えません。

負けているのに、明らかな作戦ミスにもかかわらず
ミスを認めず・・・
損失を分析せず・・・
誤った作戦を繰り返す準備をする。
まさに大東亜戦争末期の大本営そのもの。

毎度おなじみ経団連会長のコメントを見てみましょう。
「消費税率引き上げの駆け込み需要の反動減に伴い
国内の民間需要を中心にマイナスとなったが、
ことし1月から3月の高成長の反動と考えている。
今後、予算の早期執行など政策の下支えがあるなかで、
堅調な企業業績や雇用情勢の着実な改善などを受けてプラス成長に復帰し、
回復基調を続けていくと思う」

なんという楽観的戦術論。
○○と考えている。
○○と思う。
という抽象論でどんどん庶民を窮地に追い込む。
そもそも大震災級の駆け込み需要の反動
ってのが普通じゃない。

これでは前線で戦っている将兵が
無駄死にになるばかりであります。

アベノミクスは第一の矢を徹底して行うのが正解でした。
そうすれば国民平均所得が上がり、購買意欲が増え、税収が増え、
みんなが経済成長できたのです。
トリクルアップ・・それが瑞穂の國の資本主義です。
Comment (0)Trackback (0)

三行狂想力懐疑とパソナ

2014/06/27(金) 17:32:48 妄想 EDIT

産業競争力会議って竹中平蔵が発言力持っていて
自分が代表取締役を勤める
人材派遣会社「パソナ」に資金が流れるような
法案をどんどん通しているというもの。
そもそも産業競争力会議という
選挙で選ばれたわけでもないやつらが
”競争力”という名の下に
賃金カットばかりやって息巻いてるんだから救いようがありません。

そういえばASKA容疑者と逮捕された女性、
パソナの南部代表の元秘書なんですよね。
いろいろ面白い会社です。
Comment (0)Trackback (0)

庶民サイドボード

2014/04/01(火) 21:22:20 妄想 THEME:シニア・エッセイ (ジャンル : 日記 EDIT
今の60代~70代にとってサイドボードは憧れの家具だったらしく
私の実家にも当然のようにサイドボードがあります。
洋風でがっちりしたつくりのものです。

思うにこの世代は戦後の極度に貧しい時代を知っている世代であり
「豊かさ」への憧れが人一倍強い世代なのでは
と私は推測しています。

本当は暖炉のある家に住みたいけど
流石に無理だからこの高級感漂う
サイドボードなる家具で一発逆転!
豊かな生活感!
という感じで流行ったのではないでしょうか?

中にとっておきのブランデーやワイン、高級グラスなど入れれば
それだけで醤油臭そうな居間が
フィラデルフィアの別荘に様変わり!なわけです(想像)
しかし実際のところ
サイドボードというのはともかく
和室に似合わない。
我が実家の6畳半の小さな居間に
どーんと鎮座するサイドボードも
いかにも不釣合いで、よくみると足の付近は
若干畳が沈んでいます。
それでも親はサイドボードを捨てられないらしいのです。

中身は旅行に行ったときに買った
使い道に困る皿や湯のみ、
その湯のみにも耳かきやらインク切れのボールペンが
雑多に入っていて・・・・
サイドボードの上にも おつまみや灰皿、みかんなどが乗っかって
すっかり高級感はなくなってます。
けれどもやはり憧れと買ったときの喜びがあるのでしょう
幾度とあった引越しにも負けず
このサイドボードはいつも鎮座しております。

小さな畳の居間に似合わないながらも
その混沌っぷりが妙な庶民っぽさを醸し出していまして
単に安っぽい家具で揃えるよりも
こういう極端な組み合わせのほうが
センスの悪さも相まって庶民っぽさを表現してるなぁ!
と感心するものであります。
そしてそういう居間の雰囲気に
安心する私もまた庶民であります。
もちろん庶民の伝統として
居間の柱には身長を記録した傷があります。

Comment (0)Trackback (0)

奇妙な夢

2014/02/18(火) 05:55:33 妄想 EDIT
先日奇妙な夢を見たのでここにメモ的に書いておきます。

10年ほど前に自殺した友人
(高校時代一番仲良かった友人)
が何故かちゃんと年齢を重ねてでてきて
私は「こいつしんでるのになぁ・・・」
と思いながらながらも、
その友人が「結婚パーティーをするので準備を手伝ってほしい」
と言うので
パーティ会場の廊下で
パーティーの飾りつけを手伝いながら
いろいろ思い出話をするといった内容。

私は30になっていまだ独身ですが
私より容姿、教養共に優れている友人ならば
そろそろ結婚するのも当然かなとかぼんやり考えてたりしました。

今思えば私と彼しか語り合えない思い出が
あまりにも多くて
私の中にも未練とかがいっぱいあったのでしょう。

その後「もうすぐパーティーがはじまる!」
ということで急いで造花とかつくって
何か板みたいのに貼り付けたりしてそれを持たせて
友人がパーティ会場に入っていくのを見届けた途端
私が何故か急に恐ろしくなって、
外に一目散に逃げ出すといった展開。
そこで目が覚めました

最近ストレスが多くて疲れているとはいえ
映像がリアリティがあり、その割に感情の変化とかが
奇妙な夢だったので忘れないうちにかいておきます。
Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。