黒島 椿のアンニュイな日記

よく空気嫁といわれます。が、そんな特殊能力は無いです

未分類

カテゴリ:未分類 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

硫黄島盆踊り歌詞

2017/08/14(月) 00:56:48 未分類 EDIT
毎年お盆(8月15日)に踊られれている盆踊りの歌詞。
意味が解らない部分も多いですがメモ的に投稿しておきます。
bonr01.jpg
bonr02.jpg
bonr03.jpg
bonr04.jpg
bonr05.jpg
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

艦これ2016クリア後のE-2堀の基地航空隊支援例

2016/08/20(土) 14:10:23 未分類 EDIT
艦これ2016夏イベント
プリンツ・オイゲンなどレア艦堀り のための基地航空隊支援例。
イベントクリア後は基地航空隊が3隊使えるのでフル活用
e2purinkoukuusien01.jpg
Comment (0)Trackback (0)

昭和8年10月 硫黄島要覧

2016/07/15(金) 17:06:48 未分類 EDIT
昭和8年10月
硫黄島要覧
硫黄島尋常高等小学校

目次表
1.位置
2.地形
3.土地
4.人口、戸数、職業出稼
5.農業
6.林業
7.水産業
8.畜産業
9.鉱業
10.教育
1.青年訓練所2.小学校3.青年団4.婦人会
5.在郷軍人班6.区民修養会
11.社事
  1.神社2.寺院3.史跡
12.風俗習慣
13.通信文通
14.区政


-------------1---------------


硫黄島位置地図

1.硫黄島の位置
硫黄島は川辺郡坊之崎の真南18里の洋上にある孤島、
東 3里 竹島
西北 10里 黒島
南 15里 口永良部島
鹿児島港を去る35里   としま丸にて約6時間 発動機船にで約8時間

十島村中最北部に位置す。
村役場所在地、中之島まで35里なり、
中之島、あで口之島経由としま丸にて7時間(四ヶ島線)
又 黒島、口之島経由 としま丸にて10時間(十ヶ島線)

---------------2-------------------------------

硫黄島地形地図
縮 1/20000

----------------3-----------------------------
2.硫黄島の地形
硫黄島は東西に長く南北に狭し、大概火山岩の断壁を以って囲まれ
海より上陸できる所僅かに数ヶ所あるのみなり。

周回2里31町。
硫黄岳東部に屹立す 海抜2321尺、第一高山なり。
噴煙を盛んに噴出す。
第二高山・矢筈岳、  第三高山・稲村岳
中央部に南面にて硫黄島港(砂浜)あり。
部落・硫黄島港の上方平均にあり。
川原・三ヶ所にあれども降雨時のほか川水流れず。
温泉三ヶ所にあり。一は北面、二は南面、共に海岸にあり、
西部「城ヶ原」と磯松とは高原をなす。
部落より稲村、矢筈 両岳の間に続き、広き平地あり。

3.硫黄島の土地
明治18年地税改正の調べによる土地 次の如し。
民有地  宅地一町二反)
           ------個人所有地   
畑    三町一反  )

藪地 四六町三反   )
------島共有地
草生地 一八町九反 )

現在耕作地
島民共有地は漸次開墾されて畑地となり昭和8年3月現在における耕作地は次の如し。
                一戸平均(127戸)
自作地--------三一町四反--- ----二反五畝歩(セブ)
小作地--------ナシ--------- ----なし



---------------4--------------------------------

造林地
開墾したる一時共有地が廃地となれば 廃棄して松、杉を植え付けたる習あり。
昭和8年3月末の造林地次の如し。
杉造林地  七町六反 一戸平均 六畝歩
松造林地 二一町六反 一戸平均 一反七畝歩

耕作地、造林地地図
縮尺1/20000

-----------------------------------------------
iwoyourank1.jpg

iwoyourank2.jpg
iwoyourank3.jpg
iwoyourank4.jpg
iwoyourank5.jpg
iwoyourank6.jpg
iwoyourank7.jpg
iwoyourank8.jpg
iwoyourank9.jpg
iwoyourank10.jpg
iwoyourank11.jpg
iwoyourank12.jpg
iwoyourank13.jpg
iwoyourank14.jpg
iwoyourank15.jpg
iwoyourank16.jpg
iwoyourank17.jpg
iwoyourank18.jpg
iwoyourank19.jpg

Comment (0)Trackback (0)

どうにも×が悪い

2015/02/20(金) 01:12:37 未分類 EDIT
先日テレビを見ていたら知り合いの漁師親子が
テレビにでていました
そこでふとバツの悪い思い出を思い出しました。

先日この漁師親子が台風明けに
ふらりと島に船で立ち寄ってきたことがありまして
親子2代に渡って付き合いのある
我が実家にて夕食会となったわけですが
ずっと続いた天候不順、台風で輸送船が欠航し
食料不足が続いている状況でした。

本土に住んでいる方には想像しがたいですが
小さい離島では食料のたくわえが少なく
船が欠航するだけで
『食糧不足』なんてことはザラにあります。
お金があっても食料が買えない!
旧ソ連末期みたいな話ですがホントの話です。

そんな中で漁師の親の方が出されたビールを
「ビールが冷えてない」
と言ったのです。
呼ばれておいて失礼なことを言うと思う方もいるでしょうが
元々素朴で正直、誠実で裏表の無い方なので
それは仕方がないのです。
それはよかったのですが・・・・

しかしそのときの私は得もいわれぬ怒りが湧いてきまして
それというのも
ずっと食料がなくて。ビールもなくて、
いつ船が来るのかと心配してるところで
ついさっきやっと輸送船が来てビールが手に入ったというのに
それがキンキンに冷えているはずはないだろう!
と思ったからです。
ちょっとスーパーやコンビニ行けば冷えたビールが手に入る環境じゃない。
船で4時間以上揺られなきゃコンビニにもいけない
そういう不便な島で食事を用意することがいかに大変なことか!
今目の前に並んでいる食事は
何週間も前に計算して考え抜いて買った
とても貴重な食料なのだ。同じ値段でも全く違う。
お金で買えない苦労というものがあります。
それをフラリと突然やってきて前もって準備もできるはずはなく、
しかもずっと海が荒れていて船がでていなかったことは
漁師ならば知っているであろう!
そういう考えがグツグツと湧いてきたもので
ついつい
「すみません、ついさっきやっとビールが手に入ったもので・・」
と睨み付けるようにして口にだしてしまいました。
私は普段ほとんど感情をださないので
漁師親は驚かれたことと思います。
嘘が付けない方に対してひどい事を言ったと思います。

さらにバツのわるい後日談。
その後また漁師親子が来たとき、
その漁師親の子、私と同い年の青年が
「前は親父がひどいこといってゴメン」
と誤ってきたことです。
これには参りました。
というのも私の親父も気が短く、いろいろ問題を起こすので
親父の代わりに誤ることがよくあるので
この好青年の気持ちがよくわかったからです。
どんなに情けない親でも
他人に批判されると癪にさわるものです。

どうにも自分の不甲斐なさ、器の小ささを見せ付けられたようで、
そして同じ境遇の青年を不憫に思うところもあって・・
どうにも×が悪い思い出であります。
Comment (0)Trackback (0)

リマ症候群物語

2014/12/14(日) 02:35:20 未分類 EDIT
リマ症候群とは・・・
wikiによれば------------------------
リマ症候群は、ストックホルム症候群とは逆に、
監禁者が被監禁者に親近感を持って攻撃的態度が和らぐ現象のこと。
被監禁者がストックホルム症候群になっている状況下で、
監禁者が被監禁者よりも人数が極端に少なく、かつ
被監禁者に比して監禁者の生活や学識・教養のレベルが極端に低い場合に起こるとされる。

1996年から1997年にかけて発生した在ペルー日本大使公邸占拠事件では、
教育も十分に受けずに育った若いゲリラ達は人質と生活を共にするにつれ、
室内にあった本などを通じて異国の文化や環境に興味を示すようになり、
日本語の勉強を始めた者が出てきた。
ペルー軍特殊部隊が強行突入をする中、
人質部屋で管理を任されていた1人の若いゲリラ兵は
軽機関銃の引き金に指をかけていたが、
人質への親近感から引き金を引くことができずに部屋を飛び出し、
直後にペルー軍特殊部隊に射殺された。
----------------------------------------------------
とあります。
在ペルー日本大使公邸占拠事件については日本政府やペルー政府の対応などの問題が
いろいろ言われていますが、
私が一番ひっかかったのは非常にミクロな一人の
武装ゲリラの少女についてであります。

少女はペルーの貧しい村で生まれて
日本円で1万円もしないような値段で親に武装ゲリラ(MRTA)に売られたそうです。
学生が思想にかぶれてテロリストになるのとは違います。
そこには厳然たる貧困や人身売買の問題があり
少女には最初から選択肢など無かったように思います。
ゲリラ生活の中で対等な人間として扱われることなく
暴力と殺戮の荒んだ生活環境だったと想像できます。

古代、仁徳天皇は山から村を見て
「民のかまどより煙がたちのぼっていない!
 貧しくて炊くものがないのではないか!
 都がこうだから、地方はなおひどいだろう!
と考え「向こう三年、税を免ず」と言ったそうです。
例にだすには突飛な昔話ですが
日本人の精神を示す良い逸話だと思います。

また和をもって尊しとするといった言葉もあります。
私たちの日本は家族のような国家を無意識に理想として
その維持に努めてきた歴史があります。

そこには外国のような残虐な民族の衝突もなく
強烈な階級社会もなく(身分制度はあった)
厳格な一神教も広まることはありませんでした。
ぼや~っとした空気のような共同体意識で
文字通り空気を読むことを美徳とし
和を持って尊しとする精神がありました。
古代ローマのような裕福な市民が奴隷を使役するといった社会はなく、
下級武士も農民と共に畑を耕し汗を流す社会がありました。

ペルーの日本大使館に捕らえられていた日本人は
いわば当時の民間企業のエリートばかりでしたが
そこはやはり日本人らしく、自ら身の回りを整理整頓し、
差し入れがあれば身分に関係なく皆にお裾分けしていたようです。

ペルーの貧困社会で育ったテロリストからすれば
掃除や労働、物資の差出などは”奴隷”のやることであり
育ちの良いエリートのやることとは思えなかったでしょう。
島国日本が培った和の精神は西洋の階級社会意識とは
全く異質なものであります。
日本人はこの特異な精神文化を誇っていいと思います。
これは人間として正しい精神だと私は思います。
これは宗教ほど強烈なものではありませんが
キリスト教やイスラム教よりも深い精神性から生まれたものです。
だからこそ日本で生まれたわけでもない
ペルーの少女もどんどん”日本人化”していった。

貧民がエリートになるには武装蜂起しかないと思っていたのに
日本人のエリートは最初から自分たちを「一人のちゃんとした子供」
として扱ってくれた。
一人の不幸な少女の中ですさまじい衝撃があったと思います。

大使館占拠から120日あまりして政府の特殊部隊が突入してきたとき、
少女の役割は日本人人質を殺戮し、戦闘を続けることでした。
しかし銃の引き金がひけませんでした。引けるわけがありません。
すっかり日本の思いやりの心にやられてしまっていたのですから。

少女は部屋を飛び出しますがすぐに政府軍に捕らえられます。
そして縛り上げられ地下トンネルを引きづられ
四肢を切断されて強姦されて殺されてしまいます。

捕虜は一人もとられず、裁判もなく事件は終わりました。
武装ゲリラの生存者0名!

皮肉なことに世界中から非難された
在ペルー日本大使公邸占拠事件で日本人と過ごした120日間が
一人のゲリラの少女にとっては
もっとも人間らしい心を取り戻した唯一の時間だったのかもしれません。
本当に短い間であったけれども人間でいられた。
絶望ばかりの事件ですがそこにだけ救いがある気がします。
Comment (1)Trackback (0)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。